キャッシングの限度額

初回の申し込みでキャッシングでお金を借りられるのは、限度額は10万円から20万円程度です。

最初の借り入れから半年以上は経過しないと、限度額の引き上げなどはまず無いでしょう。

しかし、限度額以上にお金を借りたいという場合もありますよね。

その場合はコツコツと半年以上きちんと借りたお金を返済したという実績を積み上げてから改めて増額申し込みするのが一番なのです。

しかしそれでは間に合わないという場合は、そこに無理に増額申し込みするよりも他のローンを申し込みする方がお金を借りる事が可能なケースもあります。

増額申し込みに申し込んで審査に落ちてもその情報が残ってしまいますしね。

特に、すぐにもう少しだけお金を借りたい場合なら増額申し込みするよりも他のローンに借り入れ申し込みする方がおススメといえます。

やはりアルバイトだと限度額が低いです…

自分は現在では正社員として働いていますがまだ現在の会社に就職する前まではいわゆるフリーターでした。

そのフリーター時代の事ですがどうしても入り用のお金が必要になったので最初は自分が通帳を持っている銀行に行き銀行ローンを利用しようと相談しに行きましたがやはりアルバイトだと融資は出来ません。とあっさり断られました。金額が50万円必要だったので大手の消費者金融の無人契約機が集まっている場所に行き最初の一社で借り入れ希望額を50万円借り入れしたい旨を伝えて審査に入りました。やはりアルバイトという事もあってか30万円しか借り入れ出来ませんでした。多少時間はかかりましたがきちんと返済しました。その後現在の会社に正社員として入社した後でまた同じ消費者金融に50万円の借り入れを申し込んだところあっさりと借り入れ出来ました。正社員とアルバイトではこんなにも違うんだなと身をもって体験しました。

キャッシングの限度額はどのようにして決まる

キャッシングをしようとする場合、貸金業者側は制限なしにお金を貸してくれるわけではありません。

キャッシング申込者のいろいろな条件を加味した上で限度額が設けられ、その額までしか貸してくれません。

そこで、キャッシングを利用する際、どのように限度額が決まるのか気になるところです。

限度額の決定方法となる基準はいくつかありますが、まず、申込者の属性です。

申込者の収入や勤務形態によって返済してもらえる可能性が大きく変わります。

安定した仕事に就いていて、高収入を得ている人であれば、その分高めに限度額が設定されます。

それから、利用実績が加味されるケースも多いです。

利用実績があることにより、貸金業者からの信用が高くなるので、その分、設定してもらえる限度額も高くなります。