銀行カードローンを利用する時に心掛けたおく事は?

銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されているので低金利でお金を借りる事が出来ると言われています。しかしその言葉を信じてしまうと多額の借り入れをして返済するのが困難になってしまう可能性もあります。そこで銀行カードローンを利用する時にどのような点を心掛けておけばいいのか確認していきましょう。

消費者金融の最高金利は18%から20%で設定されているので最高金利が15%以下で設定されている銀行カードローンは低金利と言われています。しかし15%以下で設定されていても14.5%前後なので実際は金利が低く設定されているわけではありません。銀行カードローンで借り入れしても利息は加算されていくのでなるべく少額だけ借りるようにしてすぐに返済する事を心掛けましょう。

ショッピングのリボ払いを銀行カードローンで借り換える前に!

最近では、インターネットの広告バーナーなどで銀行カードローンを用いたショッピングリボ払いの見直しに関するものを見掛けます。リボ払いは借金というイメージが低く、借り入れ額が高額になり、返済期間が長期化してしまい、返済に苦しむというケースがあります。

このような場合、リボ払いで掛かる手数料よりも低い銀行カードローンで借り換えるという方法が浸透しつつあります。しかし、実際のところ、複数枚所持してしまうクレジットカードの返済先を統一する効果はあるものの、総返済額の圧縮という点では注意が必要になります。確かに実質金利を引き下げることが可能なものの、銀行カードローンでは毎月の返済額が低く設定されているケースがあり、高額な借り換えほど、返済期間を長期化させてしまいます。

そのため、リボ払いの借り換えを検討する前に毎月の返済方法を見直すことが得策です。例えば、複数枚のクレジットカードでリボ払いを利用している場合、利用残高の少ないものから優先的に完済をしてしまうことです。また、リボ払いの任意返済の手間が面倒という方は、毎月の返済額の設定をインターネット上で変更すれば、手間も少なく、カードローンの審査落ちというリスクを回避することが出来ます。

先ずは、銀行カードローンで見直しをするよりも、返済額の増額を検討していくことが非常に重要であり、安易にインターネット広告の情報だけで契約をしないようにする必要があります。また、どうしても借り換えをするのであれば、カードローンよりもフリーローンで借り換える方が、金利も低く、返済に専念することも可能です。銀行カードローンの場合、一般的なショッピングリボ払いの実質金利15%に対し、金利差は1%にも満たないものが多くなっています。

銀行カードローンの過剰融資問題はどうなっていくのか

銀行カードローンが過剰融資を行っていることは二つの事実から実証されています。一つは長年に渡って減少していた自己破産件数がプラスに転じたこと、もう一つは銀行カードローンの融資残高がすでに消費者金融の倍以上となっていることです。大手のマスコミが銀行カードローンの過剰融資問題について言及したことで社会問題となり、金融庁が動いたことで全国銀行協会が各銀行の自主規制を求めるということとなって、銀行カードローンの過剰融資問題は収拾に向かっているように見えています。しかし、それほど自体は簡単ではないようで、自主規制の要請後の全国銀行協会の調査によれば、貸出基準を厳格化したのは全体の1割に満たず、検討中が6割以上と自主規制が進んでいるとは言い難い状態です。

銀行は政府の低金利政策が継続しているために収益が悪化しています。そこに大きく儲かる銀行カードローンに力を入れてきたのです。どのような会社でもそうですが、儲かるスペックをそう簡単に手放すわけもなく、自主規制では銀行のよってかなり大きな規制の温度差が出るのは間違いありません。過剰融資問題が悪化することは無いと思われますが、あっさりと解消するとは考えられません。