借り入れゼロでもキャッシング契約が出来ない!そんな時に疑うことは?

急な出費により現金が手元に足りない場合、キャッシングという方法は利便性や安心感がえられます。しかし、借り入れゼロでも契約出来ないケースがあり、クレジットカードや各種ローンの支払に滞りがない場合、何故なのか疑問に思います。

このよう場合、疑うべきポイントとしてはクレジットカードのキャッシング枠があります。クレジットカードは複数契約していることが多く、会員カードと一体型となっていることがあります。特に急いでいる時、契約手続きの手間を減らしたいという場合申込内容のキャッシング枠の設定を見逃しがちです。その結果、複数枚のクレジットカードにキャッシング枠が設定されており、いざ消費者金融で契約したいという場合、審査落ちの要因となってしまいます。そのため、将来的なキャッシングに備えてクレジットカードの申し込みには注意が必要になっています。

クレジットカードの契約件数も要注意!影響は消費性ローンだけではない!

銀行や大手消費者金融でキャッシング契約する際、他社借り入れ件数や残高が審査に影響することは知られています。この点は、初めてキャッシング契約する方ならあまり気にする必要はありません。しかし、我々の生活の中で借金と見なされるものはローンだけではなく、クレジットカードによる支払いも厳密に言えば借金です。

そして、クレジットカードの契約件数が多い方は必然的に利用可能額も高額となり、高額な借金が可能ということになります。つまり、必要以上の契約は審査に不利になるリスクがあります。また、キャッシング契約をしていないのに審査が通過し難い、契約できる利用可能額が低い場合、クレジットカードのリボ払いに注意するのがポイントです。

リボ払いは基本的には消費性ローンに似ており、利息同様に毎月手数料が発生しています。また、リボ払いの残高が多い場合は家計収支が悪く、多重債務や債務超過リスクがあると判断されかねません。クレジットカードがキャッシングに関係しないと判断せず、金融商品の契約であることを理解するのが重要です。