主婦のキャッシングにおける注意点とは

ここ数年で主婦がキャッシングを考えるケースが急増しているとされています。これには不景気の影響やママ友同士の付き合いなど様々な理由があるのですが、一昔前と比べて一時しのぎとしてキャッシングを考える主婦が目立っています。

ただ主婦でもキャッシングは可能なのですが、一般的な消費者金融では難しいと言えます。と言うのも貸金業者には債務整理などを行う方が増えないように定められた法律が適用されていて、年収の三分の一を超える貸し付けは不可能になっています。

なので年収が100万円以下になっている事が多い一般的なパート主婦などはキャッシングの限度額が最大でも30万円程度になっていて、通常は多くても10万円から15万円程度が限度額になっています。

そして問題になってくるのがこの金額ではまかないきれないケースになっていて、例えば親族の急な不幸などの場合は諸々含めて数十万円単位のお金が必要になります。

したがって主婦がキャッシングを考えた場合には消費者金融ではなく銀行系カードローンを選ぶことが良いとされていて、銀行は金融機関になりますので上記の法律は適用されません。

なので主婦でも返済が可能であれば100万円借りる事もできますし、銀行系カードローンの場合は女性に有利な条件になっている事も多いので主婦の方にはお勧めされています。

キャッシングのお金を返済できない時に取る方法

キャッシングをしていて、返済できなくなってしまった時は、どのようにしたらいいのでしょうか。
たとえば銀行からお金を借りていて、月々返済していたのに、転職して収入が少なくなったような場合は、返済する気はあっても、実際問題としてお金が足りず、できなくなってしまうことがあります。
このような時には、キャッシングをした銀行に行き、返済方法を見直してもらうようにしましょう。
無論、消費者金融でも同じです。とにかく何らかのアクションを取れば、先方も、この人は返済する意志はあるのだなとわかってくれます。

しかし返済方法見直しの相談もなく、しかも返済期日になっても入金がない、督促の電話や督促状が来るようになっても、何ら反応がない場合には、返済の遺志がないとみなされて、キャッシングをした先から裁判を起こされてしまいます。
この場合は、一括返済となってしまいますので、できれば督促が来る前に、返済方法を見直すのがいいでしょう。

それでも返済できない時には、債務整理を考えてください。ただ、返済できないからすぐに債務整理というのも感心しません。
まず、自分で努力して返済するようにして、それでもやはり難しいという時に限り、弁護士に債務整理を依頼するといいでしょう。

キャッシングが利用できるまでの時間について

キャッシングを利用することはそれほど難しいものではありません。現在ではインターネット、スマートフォン、電話、無人契約機、店頭などで簡単に申し込むことができます。特にインターネットを利用する場合、24時間365日いつでも申し込みを行うことが可能です。またスマートフォンの場合、必要な書類を提出する事も非常にスムーズで、その場で写真を撮影して提出する事が可能になっているので、スピーディーに利用出来るでしょう。また最近では各企業の審査スピードが非常に速くなっており、申し込んだ日に融資を行うことが一般的になっています。

その日の内にキャッシングが利用出来ることを即日融資と言いますが、即日融資が出来るのかどうか、予め調べておくと良いでしょう。実際に申し込む場合は申し込みを行う時間帯を気をつける必要があります。申し込みは銀行の営業時間内に申請する必要がありますが、審査時間などを考慮すると、なるべく午前中に申請できるようにするとよいでしょう。キャッシングやカードローンは誰でも簡単に利用できるので、とても便利ですが慎重に計画を立てて利用しましょう。また信頼できる業者を選ぶことが非常に大切なポイントになっています。

アルバイトの方がキャッシングする際の注意点

アルバイトや派遣社員の方はキャッシング審査が不利になると言われていたのは少し昔の話になります。現在ではその様な方でも審査に通過できる事は多く、基本的には一定の収入が見込める成人なら誰でもキャッシングは可能になります。

しかし、現在でもアルバイトなのでキャッシング審査に落ちたと言う方がいらっしゃいます。ただ、この場合はアルバイトだからという理由ではない事が多くなっています。

これはアルバイトの方がキャッシング審査の時にやってしまいがちな事なのですが、申込書に?の記載をしてしまう事が問題点になります。例えば審査に通過しやすくなると考え収入を多めに書いてしまうケースは多々見られますが、誤差の範囲を逸脱した金額の場合は落とされる可能性が高くなります。

さらに他社からの借入があるのに、それを隠すと言うケースも見られます。しかし基本的に消費者金融などは共通のデータベースを使っていますので、ほぼ100パーセントバレてしまいます。

そうなると一気に信用を失ってしまいますし、最悪の場合はその情報も共有されてしまう事があります。この様な情報が残ってしまうとキャッシングには不利になってしまいますので、申込書に?の記載をしない事がキャッシング審査に通過する為の注意点になります。

キャッシングの返済をするときにはまずは

キャッシングサービスで借りたお金はすこしでも早く返済をするのが大事になります。そもそもどうしても金利がかなり高めになってしまうようになっていますから、こればっかりはかなり注意したほうがよいでしょう。しかし、だからといって、無闇にとにかくお金があれば返済にまわす、ということがよいのか、といえばそうではないのです。大事になってくることはなんといっても余裕があれば返済を繰り上げる、ということです。これを随時返済というのですが、基本的にはよいことではあります。しかし、また給料日前までにお金がなくなってしまっては意味がないのです。

大事になってくることは無理のない返済計画になります。これをよくよく認識しておくことによって、上手くキャッシングサービスを利用していくことができるようになります。あくまでキャッシングサービスを活用すること自体には悪いことは一切ないのです。サービスとして提供されているのですから、利用することには問題はないのですが、問題となるのは借りすぎることであり、また返済計画で無理をすることになります。この点をよく理解していますと失敗しないで活用することができるようになるでしょう。それがコツになります。

主婦でもキャッシング可能。三菱UFJ銀行のマイカードプラス

収入のない専業主婦でもお金を借りることが出来る方法があります。主婦のキャッシングとして安心なのが銀行系のキャッシングです。総量規制の対象外ということで銀行系なら収入のない主婦でもキャッシングが可能になりました。三菱UFJ銀行のキャッシングには口座を持っていない人の「バンクイック」と口座を持っている人の「マイカードプラス」があります。

このマイカードプラスでのキャッシングが主婦にとっては安心に利用できるキャッシングだと思います。これは自分の銀行口座に安心を付ける感じのキャッシングです。自分の口座の残高がマイナスになった時に自動的にキャッシングによる借り入れに切り替えてくれるシステムです。自分の銀行口座のマイナスが多くなってしまうのでは?と心配になりますが大丈夫です。マイカードプラスによるキャッシングの上限金額は30万円となっているます。この上限金額は「バンクイックク」も同額です。

インターネットによる申し込みも可能です。その際ご自身の在籍確認として自宅などに電話があります。しかし基本的に自分の口座からのキャッシングなのでご主人にキャッシングの事実がばれることが無いので安心です。

いざと言う時の備えとして自分の銀行のキャッシュカードに「マイカードプラス」を追加しておくと安心です。

キャッシングの返済は随時に行うこと

キャッシングの返済には約定返済と随時返済があります。約定返済が基本ではあるのですが、それだけでは足りない、ということが多く、できればしっかりと随時返済をしていくようにするとよいでしょう。それが最も利息を減らす方法としてはお勧め出来ることになります。難しいことではありますが、とにかく返済を前倒しにすることが求められることは間違いないことであるといえるでしょう。

ちなみに最近ではATMなどから借り入れ、返済ができるようになっています。コンビニのATMからできるようになっているのです。これは実に有難いことであるといえますから、上手く活用しましょう。返済で無理をしない、というのも一つの考え方ではあります。もちろん、最終的にはどんどん返済していくことがベストではあるのですが今のところは無理をしないほうがよい状況も個人的には存在することでしょう。そうした時には約定返済だけにするのが基本的な方針とするとよいのです。

キャッシングをしたい主婦

総量規制というのが出来て、主婦がキャッシングをすることがかなり難しくなっています。何故かといいますとこれは年収の三分の一以下までしか貸すことができない、という規制であり、専業主婦であればそもそも収入がないですから借りることができない、業者としても貸すことができない、となってしまうのです。

ですから、かなり大変な時期もあったのですが別に借りる方法がないわけでもないのです。その一つとしては、配偶者貸付があります。これは配偶者の収入もその人の総量規制に入れることができる、という制度です。ある意味で救済措置のような形になっているシステムです。これならば専業主婦でもキャッシングをすることができるようになります。もう一つは、そもそも総量規制が関係ない銀行系を狙う、ということもできます。銀行系カードローンであれば借りることができるようになります。但し、貸すことができるだけであり、絶対に借りられるわけではないです。

主婦でもキャッシングが出来るのかどうかを検証する

主婦であろうとキャッシングはできる可能性があります。あくまで借りる、と言う事に関しては不可能ではないのです。それは総量規制があるからどうしても主婦には貸せない、ということが貸金業者にはあるのです。それ自体が基本的には難しいことになりますから、それは仕方ないことでもあります。

しかし、カードローン業者というのは銀行系もあります。この銀行系というのがかなりお勧め出来るのです。何故かといえばこれは総量規制外であるからです。総量規制から外れていますから、主婦でも借りることができるようになります。これが途轍もなくお勧め出来る理由になります。どうしても主婦は単独で借りることができないことが多いです。個人としてはとても金融信用情報の価値が下がることになります。大して高くないことになりますから、これはかなり借りるのが大変ではあるからです。しかし、一応は配偶者貸付というのがありますから、一応は問題はないのですが、それでも主婦はなかなか借りるのは大変ですが不可能ではないのです。