さまざまな特色がある地方銀行のカードローン

手軽にできるキャッシングのひとつとして銀行カードローンが挙げられますが、カードローンは消費者金融や大手の銀行だけでなく、地方の銀行でも扱われている場合があります。

地方銀行のカードローンはCMなどで大きく取り上げられることはありませんが、そのぶん堅実で銀行によってサービスや特徴が異なり、大手と遜色のない金利や融資限度額を誇るカードローンも多く存在しています。

ただし地方銀行を利用するためにはその地方に在住していたり、勤務先があることが条件なっている場合もあるため、利用の際には申し込み条件をよく確認することが重要です。

キャッシングの金融機関を検討する際には地方銀行だからとあなどらずに、現在自分が利用できる金融機関についての情報をしっかりと確認するようにしましょう。

総量規制対象外となるカードローンとは

消費者金融のカードローンの利用条件の一つが、借り入れする本人に安定収入があること、となっています。毎月の定期的な収入があれば、正社員ではなく、アルバイトやパートで働いていても利用できます。一方で、本人には全く収入のない専業主婦は、夫の年収がどれほど高くても、消費者金融のカードローンには申し込めないようになっています。

これは、消費者金融から借り入れできる金額は年収の3分の1まで、という上限を定めた総量規制という法律があるためです。年収ゼロの人は3分の1もゼロなので、借入できないことになるのです。

消費者金融とクレジットカード会社からのキャッシングには、この総量規制が適用されますが、銀行は対象外となっています。専業主婦でカードローンの利用を考えている人は、銀行に問い合わせて見ましょう。

ネット銀行のカードローンの特徴はメリットが目立つが

銀行のカードローンは大手の銀行が主流でしたが、ここ数年でネット銀行が出てきていてカードローンもネット銀行を利用する人が増えてきています。ネット銀行は大手の銀行とは異なる点がいろいろあるので特徴を見ていく事にしましょう。

ネット銀行のカードローンの特徴としてまず挙げられるのが手続きがすべてインターネット上で出来てしまう点です。大手の銀行のカードローンは店頭窓口はATMなどにも行ったりしますが、ネット銀行のカードローンは店舗やATMが設置されていないので申し込みから借り入れまでの手続きはインターネットのみとなっています。インターネット上ですべての手続きが可能という事はスマートフォンがあれば出来てしまうという事なのですごく便利です。それに他の人に内緒でカードローンの手続きが出来るというのも利用者にとってはメリットになります。

ネット銀行のカードローンは低金利というのも特徴です。大手の銀行のカードローンも低金利ですが、ネット銀行のカードローンの方がさらに低金利になっています。低金利になっていると加算される利息も少なくなるので返済する時にすごく助かります。

ネット銀行の特徴を見てみるとメリットが目立ちますが、口座開設が利用条件となっている事が多いので利用する前に口座開設をしておくようにしましょう。