派遣やアルバイトでキャッシングする場合の注意点とは

派遣やアルバイトの場合はキャッシング自体申し込むということはできるのですが、限度額が正社員から比べると低くなるということがありますのでそれを踏まえて申し込みをする必要があります。

理由は派遣やアルバイトは働いているとはいえ、契約期限で解雇されるという側面もあるので貸す側からすれば「リスクがある」という判断が下され審査の際に限度額を低くしておこうということにもなるのです。

更にキャッシングした後も重要で返済のことも考えてキャッシングをすることをお勧めします。

よく「生活のためにキャッシングをした」という人もいますが、こういう人は自転車操業の状態でいつかは破産してしまう危険性もあるのです。

キャッシングをするにしても一回で返済できる金額に止めておく必要があります。

やはりアルバイトだと限度額が低いです…

自分は現在では正社員として働いていますがまだ現在の会社に就職する前まではいわゆるフリーターでした。

そのフリーター時代の事ですがどうしても入り用のお金が必要になったので最初は自分が通帳を持っている銀行に行き銀行ローンを利用しようと相談しに行きましたがやはりアルバイトだと融資は出来ません。とあっさり断られました。金額が50万円必要だったので大手の消費者金融の無人契約機が集まっている場所に行き最初の一社で借り入れ希望額を50万円借り入れしたい旨を伝えて審査に入りました。やはりアルバイトという事もあってか30万円しか借り入れ出来ませんでした。多少時間はかかりましたがきちんと返済しました。その後現在の会社に正社員として入社した後でまた同じ消費者金融に50万円の借り入れを申し込んだところあっさりと借り入れ出来ました。正社員とアルバイトではこんなにも違うんだなと身をもって体験しました。

アルバイトやパートの人でも借りられるキャッシング

銀行からお金を借りたいという場合には担保や保証人が必要になってくるなど借入の条件が厳しくなってきますが、キャッシングの場合には担保も保証人も必要ではないことから借入の条件はとても緩やかです。

そのため、審査にかかる時間も短時間で済むので最短でその日のうちにお金を借りることも難しくはありません。

ただし、いくら借り入れの条件が緩いからといってキャッシングは誰でも簡単にお金を借りられるというサービスではありません。

安定した収入と、その収入が継続的にあるということがキャッシングでお金を借りるための最低条件となっています。

ただし、ここで言う安定して継続的な収入というのは正社員だけではなく派遣社員やアルバイト、パートなどにも当てはまるものなので、非正規雇用者と呼ばれる人であってもキャッシングの申し込みには特別支障はありません。

アルバイトでお金を借りるためには?

正社員で働いていないアルバイトでもキャッシングを利用することはできます。収入が少ないですので借入できる上限は低くなってしまいますが、一時的にお金に困った時にはとても助かりますね。アルバイトでも同じように審査を申し込めば、バイト先への在籍確認の電話が掛かってきますし、審査内容に問題がなければキャッシングを利用できます。キャッシング自体は収入が多い少ないよりも、本人の信用情報が影響するからです。

アルバイトですと正社員で働いている人のように収入は多くはありませんので、限度額いっぱいまで借りてしまうと返済が大変になってしまいます。正社員のようにボーナスで一括で返済するということもできませんね。収入が少ないので最低額の返済を続けているといつまでも返済が終わらなくなってしまいます。限度額自体は最大でも年収の1/3まで設定されますが、のちのちのことを考えればぎりぎりまでの借入は計画的ではありません。アルバイトでキャッシングを利用した時には、出来るだけ早いうちに完済してしまうことが大切です。最低額を返済するのではなく、バイト代が多い時には少し多目に返済していきましょう。キャッシングは計画的に利用すればお金に困った時の強い味方にもなりますね。

アルバイトの方がキャッシングする際の注意点

アルバイトや派遣社員の方はキャッシング審査が不利になると言われていたのは少し昔の話になります。現在ではその様な方でも審査に通過できる事は多く、基本的には一定の収入が見込める成人なら誰でもキャッシングは可能になります。

しかし、現在でもアルバイトなのでキャッシング審査に落ちたと言う方がいらっしゃいます。ただ、この場合はアルバイトだからという理由ではない事が多くなっています。

これはアルバイトの方がキャッシング審査の時にやってしまいがちな事なのですが、申込書に?の記載をしてしまう事が問題点になります。例えば審査に通過しやすくなると考え収入を多めに書いてしまうケースは多々見られますが、誤差の範囲を逸脱した金額の場合は落とされる可能性が高くなります。

さらに他社からの借入があるのに、それを隠すと言うケースも見られます。しかし基本的に消費者金融などは共通のデータベースを使っていますので、ほぼ100パーセントバレてしまいます。

そうなると一気に信用を失ってしまいますし、最悪の場合はその情報も共有されてしまう事があります。この様な情報が残ってしまうとキャッシングには不利になってしまいますので、申込書に?の記載をしない事がキャッシング審査に通過する為の注意点になります。