パート主婦でもキャッシングは利用可能

家計がピンチで一時的にお金が必要だとか、お友達とちょっとした贅沢を楽しむお金を借りたいなど、主婦でもお金を借りたい場面があります。

パートしかしていない主婦はキャッシングはできないと思っていたら大間違いです。

今はパート主婦でも融資してくれる賃金業者がありますから、安心して申し込みをしてみましょう。

パートで年収がそれほどなくても、安定した収入を継続的に得ている主婦の方ならキャッシングすることができます。

業者は年収の高さではなく返済してもらえる経済的な安定性を見ますから、小額でもパートで毎月お給料をもらっている方なら利用可能です。

収入を得ていない専業主婦の方は消費者金融系ではなく、銀行カードローン系なら申し込みできるところがありますから探してみると良いでしょう。

給与振込みをする口座やローンを利用していたりすると、いいこともある

地方の銀行で給与の振込に利用している口座や住宅ローン等を利用しているところがある場合には

銀行系カードローンを利用するのに、その銀行を利用しておいた方がいい場合もあります。

銀行によってはカードローンのサービスについて給与口座を持っていたりローン利用をしている方に対して

金利面などで優遇しているカードローンを提供していたりするからです。

通常よりも数パーセントは安く利用できるケースが多いですから、利用しない手というのはないように見えます。

その他にも借入金額も多めにやってくれたりと優遇されている面は強いです。

ですので、もしカードローンの利用を検討しているときには、一度自分が今使っている地方銀行を狙ってみるのも手であります。

レイクのカードローンは総量規制対象外

貸金業法が改正されてからは年収の3分の1を超えるキャッシングが不可能となってしました。この総量規制というルールが適用されるのは消費者金融からのキャッシングであったり、クレジットカードからの現金キャッシングなどであり、例えば年収が300万円の人の場合、消費者金融やクレジットカードからの現金キャッシングの限度額はは合計で100万円までとなります。

一方で銀行からの借入やローンはカードローンも含めて総量規制対象外となるので、年収の3分の1を超える場合でも法律的に認められています。

そして多くの人が大手消費者金融の一つとして認知しているレイクのカードローンも実は総量規制対象外となるので、年収に関係なくキャッシングができるのです。

レイクはかつては消費者金融でしたが、現在は新生銀行が運営をしているので、貸金業法は適用されず、銀行法が適用されているのです。

レイクでキャッシング利用

キャッシングをしたことがないとお金を消費者金融から借りることに不安や抵抗を感じる方がいますが、誰でも簡単で手軽に利用できるようサービスが充実しています。特にレイクでのキャッシングはスマホやPCから場所や時間を気にせずいつでも申込みでき、本人確認書類もアプリやメールで送れてしまうので来店する必要が全くありません。

平日であれば14時までに必要な手続きが完了していれば指定口座に即日振込みしてくれますので、急にお金が必要になった方でも安心です。またご自宅にカードなどキャッシングを申込んだ証拠が送られてきてしまうことを避けたい場合には、カードレスを選択することも出来ますので個人の事情に合わせて融通が利きます。

返済方法も従来通りの口座引き落としや振込みはもちろん、インターネットバンキングを利用したWEB返済にも対応しています。

キャッシングを利用しても月々計画的にお金を返済しかなければなりませんが、レイクでは計画的に返済できるように30日間無利息だったり、5万円まで180日間無利息といった無利息ローンを展開しています。

すぐに返済する予定でしたら借りた分だけ返済すれば済んでしまいますし、月々の返済する場合でも無利息ローンを適用した場合だと返済総額に差が出ますので他社ではなくレイクを選ぶメリットとなっています。

多重債務者が増えているカラクリとは?

銀行カードローンの金利は低いと言われていますが、本当にそうでしょうか?メガバンクのカードローンの金利は年14%台が基本です。しかし我々がこれらの銀行に預金をしても年0.001%しか利息が付かず、さらに約20%の税金が引かれるのです。おまけにATMの手数料を1回でも支払ったら、完全に赤字でしょう。これでは銀行が儲かるはずです。

しかも銀行は金利が低い住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどよりも数倍儲かるカードローンに力を入れています。まるでバブル期のように「どうか使わなくていいから契約だけして下さい」と頭を下げます。ローンカードを作成したら、つい使いたくなるのが人間の心理です。一度カードでお金を引き出す味を占めたら、もう止められなくなる方が多いのです。最近銀行カードローンが多重債務者の温床になっていると言われる原因は、銀行の営業マンの悪魔の囁きから始まるのです。

ですからカードローンを必要なければ、きっぱりと断る勇気が必要です。