やはりアルバイトだと限度額が低いです…

自分は現在では正社員として働いていますがまだ現在の会社に就職する前まではいわゆるフリーターでした。

そのフリーター時代の事ですがどうしても入り用のお金が必要になったので最初は自分が通帳を持っている銀行に行き銀行ローンを利用しようと相談しに行きましたがやはりアルバイトだと融資は出来ません。とあっさり断られました。金額が50万円必要だったので大手の消費者金融の無人契約機が集まっている場所に行き最初の一社で借り入れ希望額を50万円借り入れしたい旨を伝えて審査に入りました。やはりアルバイトという事もあってか30万円しか借り入れ出来ませんでした。多少時間はかかりましたがきちんと返済しました。その後現在の会社に正社員として入社した後でまた同じ消費者金融に50万円の借り入れを申し込んだところあっさりと借り入れ出来ました。正社員とアルバイトではこんなにも違うんだなと身をもって体験しました。

キャッシング審査のポイントは

キャッシングでは審査がされるわけですが、基本的には程度の差はあってもやることはどこも同じになります。具体的には収入と借金、働いているのかどうかの確認などになります。これまで返済履歴なども重要視されます。返してはいるが、遅延して返すことが多いなどのことがあれば、これはかなり厳しいパターンが多いです。

審査はいくら稼いでいるのか、他に借金はどのくらいあるのか、ということになります。もう一つ大事なことは、審査には目的ローンは入らないと言う事です。つまりは、住宅ローンなどは関係ないと言うことになりますから、その点は心配する必要性がないです。ですが、ないほうが返済能力的にはメリットがあるといえるでしょう。

キャッシングではどんな本人確認がされるのか

お金を貸すときには当然、その人が本人であるのか、という確認をされるわけですが、その一つがキャッシングサービスにおける本人確認証の提出になります。提出といってもコピーをとられるだけですから、原本を没収されるわけではありませんから大丈夫です。免許証などをコピーしてもらって、いくつかの質問をされて、という形になります。

そこまで小難しいことはないです。在籍確認なども同時に行われることもあります。こちらは電話確認などによって行われることになります。本人確認自体はそこまで難しいことではなく、また厄介でもないです。それよりも個人の信用情報などによって審査される方が大きなポイントになることでしょう。本人確認は運転免許証でも持っていけばよいのです。