親や兄弟が契約したキャッシングは返済義務がある?

今やキャッシングは、高齢の方でも収入があり、融資条件に合えば契約が可能です。年齢制限を超えた後は、返済のみになるものの突然一括返済を要求されることはありません。しかし、無担保・保証人無しだからといって安心するのは要注意です。ある日突然、亡くなった親や兄弟の返済請求されるケースが問題となっています。

借金も財産として扱われ、相続してしまうと他者へ影響が生じてしまいます。また、長い間音信不通となっていた親の借金返済を要求された場合、財産相続の放棄期限が過ぎていて返済義務を負うと考えてしまいます。ですが、この場合は銀行や貸金業者から通知がされてから3ヶ月となるため、先ずは諦めずに財産相続の放棄が重要になります。

最近のキャッシングの申込みに関して

最近は色々なサービスがインターネットからできるようになっています。

それはキャッシングにもいえることであり、申込みもそうですがカードレスでサービスが利用できるようにもなっているところがあります。

非常に利便性がありますから活用できるようにしておきたいところです。

申込みですが当たり前ですが身分証が必要になりますし、勤め先の情報なども出す必要性があります。

ネットからの申込みであろうとも普通に店頭とか電話などで申し込みをするときと特に違いはありませんからそこは心配することはないです。

必要な書類などに関してはまったく違うことはないのです。

しかし、よりスピーディーであることが多いのが特徴であるといえるでしょう。

キャッシングは学生でも申し込むことは可能なのか

キャッシングは学生でもできるかと言われると「学生でもキャッシングできる」です。一般的にキャッシングは「20歳以上で安定した収入があれば借り入れできる」のですが、学生でも20歳以上で安定した収入があれば借り入れできます。

しかし、18歳や19歳で安定した収入がある人はどうなのでしょう。結論から言うと「未成年であればキャッシングは不可能」です。日本の法律で定められており、「基本的に未成年者の契約行為は認められていません。(親の同意書がある場合を除く)」なので、未成年者へ対してお金を貸し出しても、親権者が契約取り消しの申し出があれば無効になってしまい、お金が回収できなくなってしまいます。そのため、未成年のキャッシングは不可能にしている金融機関は多いです。

しかし、その中でも未成年者でもキャッシングを申し込みできるところもあります。「18歳以上で親権者の承認が確認できれば申し込み可能」です。しかし、親権者が連帯保証人になるということが条件になります。

20歳の学生でも安定した収入がないとキャッシングを申し込むことはできないのかというとそうでもありません。こちらも金融機関によって条件の違いがあり、親の仕送りで年間300万円以上あったり、両親の勤務先や年収がわかっていればキャッシングを申し込むことができます。