キャッシングは困った時の心強い味方です

このところテレビをみていると中国では買い物から生活費全般における支払いを、スマホで済ます決済方法をとる人が増えてきていると聞きました。スマホ決済のメリットは現金を持ち歩かずに済むので小銭が増えることもなく、人によっては外出する際には財布を持って出ない若者も増えているそうです。財布を持たないので盗難に遭う心配も少なく、より安心して生活できるそうです。日本でもスマホ決済ができる場所はありますが、中国ほどまだ一般的に使われているツールとは言えず、相変わらず現金やクレジットカードを持ち歩くことは当然とされています。

最近では訪日中国人の数が著しく増加しており、訪れる若者の中には日本でもスマホ決済で生活できると思っている人も多く、しかし実際に生活していみると思っていた以上に現金が必要な社会だということがわかり、キャッシングをせざるを得ない状況が多々あるそうです。外国人が日本で銀行口座を作ることはかなりハードルが高いので、日本円が必要となると自国通貨を銀行で両替するか、もしくはカードを使用してキャッシングで現金を手に入れるかどちらかの方法をとることになります。キャッシングは必要な金額だけを払い出し、計画性をもって返済できる経済力のある人にとっては決して悪いものではなく、外国人にとっては必要不可欠な現金獲得手段と言っても言い過ぎではないでしょう。キャッシングは困った時の心強い味方です。

プロミスの無利息サービスを利用しよう

初めて消費者金融の利用をお考えの方は、是非プロミスと契約しましょう。プロミスは上限金利が年17.8%と他社よりも低いですし、30日間の無利息サービスがいつでも受けられます。

さてプロミスの無利息サービスを受ける条件は、初めてプロミスと契約する方がメルアドを登録し、WEB明細を利用することです。すごく簡単な条件なので、使わない手はありません。

プロミスの無利息サービスの起算日は、初回借り入れの翌日から30日間です。ちなみに他社は契約した日の翌日からスタートするので、最大30日間と書かれていて場合によっては全く使えないこともあるのです。さらにプロミスはポイントサービスがあり、250ポイントで7日間・400ポイントで15日間・700ポイントで30日間無利息となります。

自動契約機を使ったキャッシング契約方法

キャッシングといえば店舗への来店が基本だった以前とは異なり、昨今ではインターネットを用いたキャッシング申込方法が主流となりつつあります。しかしそんな中でもその場でカードが発行されるためすぐにお金を引き出すことができるということで、自動契約機を使用するという方法は一定の人気があります。

自動契約機を使った契約方法の流れは、まず本人確認書類や収入証明書といった必要書類を揃えて契約機のもとへ向かいます。タッチパネルを用いて必要項目を入力し、審査を待ちます。もし自動契約機で審査を待ちたくないという場合には、事前にWebで審査を行ってあとはカードを受け取るだけという状態にしておくことも可能です。業者によっても異なるかと思いますが、自動契約機で審査を待っている時間にはカードの利用方法などがわかる説明ビデオを流しているという企業もあるようです。

審査が終了し、無事契約が可能となったらその場でカードを発行してもらうことが可能です。発行されたカードを使ってすぐに融資を受けることができるため、二度三度と契約機へ出向く手間が省けます。
自動契約機への出入りが目撃されてしまうという可能性はありますが、それ以外人と会うことなくキャッシング契約をができる方法です。
人に会いたくないけれどWebはちょっとといった場合に利用してみるのも良いでしょう。

キャッシングの一括払いする時の返済方法

キャッシングしたお金はリボ払いをしていくのが基本的な返済方法です。リボ払いは毎月の返済額を抑えることができ、家計の負担が軽く済むことは助かります。しかし、リボ払いを経験している人からは「だらだら返済しているのは嫌だ」「リボ払いは利息を払っている感じが嫌だ」などの口コミが多くあります。そんな人には一括払いがおすすめなのですが、キャッシングの一括払いの返済方法どんなものなのでしょうか。

キャッシングの一括払いの手順としては、基本的に返済日というのは決まっていませんので、まずは一括払いできる返済日を決めます。返済日が決まったら返済額をキャッシングした会社のホームページや電話、店頭などで確認するのですが、利息というのは日割り計算なので返済日によって返済額が変わってきます。キャッシングした会社に返済額を確認してください。あとは、返済の仕方を選び、返済するだけです。返済の仕方も色々とあり、ATM、店頭、振込などで返済することができます。しかし、ATMで返済の場合は、硬貨の取り扱いができない機械もありますので注意が必要です。硬貨を取り扱いができないということはおつりもでませんので、きちんとした返済額を用意してATMで返済するようにしましょう。