三井住友銀行のカードローンについて

メガバンクの中でも、カードローンに力を入れているのが三井住友銀行です。プロミスやモビットも三井住友銀行グループ(SMBC)の傘下にある消費者金融ですが、三井住友銀行直接のカードローンには金利が低いというメリットがあります。

デメリットとしては、即日融資に対応していない、借入金を振り込んでくれる「振込キャッシング」のサービスを行っていない、ということが挙げられますが、三井住友銀行に口座を持っていれば、インターネットバンキングを利用して借入れ・返済ができます。

WEBで申し込んで、三井住友銀行のローン契約機でカードを受け取ることもできます。みゆうちょ銀行のATMやコンビニのATMも手数料無料で利用できるので、金利が低く、利便性の高いカードローンです。

キャッシングはアコムがお勧めです。

低所得の世帯が増えてきており、まとまったお金がない人がほとんどだと思います。その際に多くの人が利用しているのが銀行や消費者金融などでの借入なのです。

借入する際には、銀行が一番お勧めですが消費者金融の中で最もお勧めなのがアコムです。

初回借入時から30日間手数料が無料、そして返済時の金利もほかの消費者金融と比べ低金利となっています。その他にもCMなどでもなじみやすい雰囲気になっています。

毎月決まった返済日ではない返済日より35日毎です。

その為給料日の関係で助かったと思う人もいれば、支払う日の合計が年間の見れば1回程少ない形になります。

低金利でキャッシングすることが出来返済の期間も他社の消費者金融よりも少なくて済む為毎月の返済に困ることがなくなります。

レイクのカードローンは総量規制対象外

貸金業法が改正されてからは年収の3分の1を超えるキャッシングが不可能となってしました。この総量規制というルールが適用されるのは消費者金融からのキャッシングであったり、クレジットカードからの現金キャッシングなどであり、例えば年収が300万円の人の場合、消費者金融やクレジットカードからの現金キャッシングの限度額はは合計で100万円までとなります。

一方で銀行からの借入やローンはカードローンも含めて総量規制対象外となるので、年収の3分の1を超える場合でも法律的に認められています。

そして多くの人が大手消費者金融の一つとして認知しているレイクのカードローンも実は総量規制対象外となるので、年収に関係なくキャッシングができるのです。

レイクはかつては消費者金融でしたが、現在は新生銀行が運営をしているので、貸金業法は適用されず、銀行法が適用されているのです。

レイクでキャッシング利用

キャッシングをしたことがないとお金を消費者金融から借りることに不安や抵抗を感じる方がいますが、誰でも簡単で手軽に利用できるようサービスが充実しています。特にレイクでのキャッシングはスマホやPCから場所や時間を気にせずいつでも申込みでき、本人確認書類もアプリやメールで送れてしまうので来店する必要が全くありません。

平日であれば14時までに必要な手続きが完了していれば指定口座に即日振込みしてくれますので、急にお金が必要になった方でも安心です。またご自宅にカードなどキャッシングを申込んだ証拠が送られてきてしまうことを避けたい場合には、カードレスを選択することも出来ますので個人の事情に合わせて融通が利きます。

返済方法も従来通りの口座引き落としや振込みはもちろん、インターネットバンキングを利用したWEB返済にも対応しています。

キャッシングを利用しても月々計画的にお金を返済しかなければなりませんが、レイクでは計画的に返済できるように30日間無利息だったり、5万円まで180日間無利息といった無利息ローンを展開しています。

すぐに返済する予定でしたら借りた分だけ返済すれば済んでしまいますし、月々の返済する場合でも無利息ローンを適用した場合だと返済総額に差が出ますので他社ではなくレイクを選ぶメリットとなっています。

りそなクイックカードローンを利用する時の2つの注意点

大阪に本店を構えるりそな銀行はカードローンのサービスを提供していてりそなクイックカードローンになります。りそなクイックカードローンは上限金利が12.475%に設定されているので大手銀行のカードローンよりも低金利です。しかしりそなクイックカードローンを利用する時は注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでりそなクイックカードローンを利用する時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・融資可能になるまで時間がかかる

りそなクイックカードローンは最短2時間で審査回答と宣伝されているので即日融資を受ける事が出来ると思ってしまう人もいます。しかし審査が即日回答されてもその後の手続きに数日かかってしまうので即日融資を受けるのは難しいです。りそなクイックカードローンを利用する時は融資可能になるまで数日かかる事をしっかり頭に入れておきましょう。

・限度額が低く設定されている

銀行カードローンの限度額は最大で500万円から1000万円で設定されている事が多いですが、りそなクイックカードローンの限度額は最大で200万円で設定されています。限度額の設定が低いのでまとまったお金を借りたいと考えている時は不都合になってしまうので注意が必要です。

キャッシングと銀行ローンの比較

キャッシングとは、クレジットカードについている機能で、お金を借りられる機能のことです。そんなことは知っているという方がほとんどでしょうが、それでは、銀行ローンなどとどう違うのでしょうか。まず、借りられる審査の厳しさが違います。また、審査の厳しさが違うと言うことは、当然利息も違ってくるでしょう。

キャッシングよりも銀行ローンの方がかりにくいというか、ハードルが高いので、条件も良くなってくるのです。しかし、キャッシングの方が圧倒的に有利な点があります。それは、銀行ローンよりも手続きが簡単で、圧倒的に速く現金が手に入ることが多いと言うことです。

だいたい、お金を借りようとしている人は、当然ですが、それなりに何かに困っている人が多く、時間的にも出来るだけ速くお金を借りられることが重要な人が多いです。そういった意味では、銀行ローンとキャッシングでは圧倒的な優劣が生じてきます。

また、銀行ローンでは、場合によっては連帯保証人などが必要になったりしますが、キャッシングの場合で額が小さければ、そこまで厳しく言われないことも多いかと思います。もちろん、場合によってはキャッシングでもいろいろとややこしい場合はありますが、初めての方やそれほど、借金を重ねていない方は問題なくキャッシングできるでしょう。

キャッシングの比較を行う上で大切なことは?

ャッシングを提供している会社は数多く存在しますが、その中でどこを利用しようか悩んだ場合に、金利で比較を行う人も多いでしょう。

この金利で比較を行う場合に大切なのは、最高金利を見ることです。それは、キャッシングの金利は年利4~18%といったような形で、最低と最高では10%以上の範囲があることが多いですが、ほとんどのケースでは最高金利での契約になるからです。
これには理由があり、キャッシングの金利設定は100万円未満の限度額での契約時には、まず最高金利が適用される仕組みになっている為です。特に消費者金融では必ずその金利になると言ってもいいでしょう。

限度額が100万円以上での契約を行うことはそう多くありません。よって、最高金利こそが実質的な金利だと考えてください。その為、最高金利での比較がとても重要になるのです。
大手の消費者金融を例に挙げると、プロミスの最高金利は年利17.8%ですが、アコムとアイフルでは18%です。このことから、金利の面では3社の中でプロミスが一番お得だと言えます。

ですが、キャッシングは金利だけが全てではありません。利用を開始してからの利便性もとても大切になります。特にキャッシングカードが使えるATMが身近な場所に無い場合、いざお金が必要になった時にすぐに利用することができません。もちろん金利も重要な要素ですが、キャッシングの比較を行う際にはこのような面も加味した上で考えることが大切です。

モビットの申し込み手続きは簡単

様々なキャッシングがあり、どの会社から借りるのが一番良いのか迷う人も多いと思います。

特に面倒と考えている理由に、審査に対することがあると思います。

審査のために複雑な審査作業を行わなければならない、面倒なことを時間をかけて行ってやっと審査を通る、そんなイメージを持ってはいませんか?

もちろん、審査はとても重要で手抜きはできませんが、手続きの面でとても良いキャッシングが「モビット」ではないでしょうか。

まずキャッシングに申し込むためには審査に通らなければなりませんが、一生懸命複雑で面倒な作業を終えても審査に通らなかった、無駄な時間を過ごしてしまったと思い疲れだけが色濃く残ってしまう。

しかし、モビットなら正式な審査を受ける前にインターネットのモビットのサイトで簡易的な審査を受けることができます。

この簡易的な審査なら簡単な記入で審査に通るかどうか、だいたいの目安がわかります。なので審査に出す前にある程度参考にできると思いますのでキャッシングを利用したい方にはぜひモビットをおススメしたいと思います。

もちろん、本審査も分かりやすくなるべく時間がかからない工夫がモビットにはされています。本審査の手続きも全てサイトから行えますので空いた時間に審査を受けることも可能です。

使いやすい観点からモビットはとても良い、初めてキャッシングを利用する方にはモビットを私はおススメします。