土日の在籍確認!怪しまれる可能性が高い!

消費者金融のカードローンを契約する際、勤務先へ在籍確認が行われるのが一般的です。電話による在籍確認が難しい場合、書類による代替対応が可能なものの、利用可能な書類が手元に無い状況での申し込みでは電話応対になってしまいます。

このような場合、特に注意したいのが土日の申し込みです。大手消費者金融であれば、土日も審査対応となり、無人契約機であればその場でローンカードの受け取りが可能ですしかしながら、在籍確認が電話となった場合、土日が休みの会社では不審電話となってします。

特に休日出勤の社員が個人宛ての電話を応対するというケースは非常に稀なケースになります。常識的に有り得ない電話の場合、応対者も慎重な対応となり、在籍確認すら難しくなる可能性もあり、土日申し込みの場合は在籍確認を代替対応するのがポイントです。

本人確認はどんな点を確認しているのか

キャッシングをする時に申込用紙に記入やネットのフォームに入力して審査をしてもらいます。審査の内容の重要な点は返済能力があるのか、それと同時に本人からの本人の意思による申込なのかです。

本人確認はどのようにして確認しているのかというと、まずは申込内容がキャッシング会社やその他の個人情報信用機関に登録されている内容と同じかも重要な確認項目になります。引越しなどで住所や電話番号が違っていても不自然さがなければ、またその証明書類があれば問題がありません。また、身分証のチェックは国の法律で決まっていることなので、この内容のチェックも本人であるかの大きな判断ポイントです。つまり申込内容と外部の情報、さらに自社で利用履歴があればその時の情報、身分証明とすべてがつじつまがあるかで総合的に判断しています。

さらに最終的に本人と連絡を取って確認をします。例えば電話をかけてきて個人情報にかかわる質問をしてスムーズに答えられるか、契約内容を口頭でも伝えるなどして本人であるのかを審査しています。また、勤務先への確認、在籍確認を行うことも多いです。面倒で嫌だと思ってしまいますが、他人が成りすまして申し込みができてしまうことを防止する意味があるので協力しましょう。何もなければ短時間で終わってしまうので構えることはありません。

消費者金融の審査に通るために必要なこと

これから消費者金融に借り入れの申し込んでみようと思っている人の中には自分が借り入れの審査に通るか気になっているという人もいるかと思います。

では、実際に消費者金融からお金を借りようと思った時にどういう条件を満たさないと審査に通らない事態になってしまうかというとそれにはそれまでいろんな物で滞納をした事がないという事が絶対条件になってきます。

なぜなら、別に同じ消費者金融からお金借りていなくても払うべきもののお金を払っていないというだけでその人は消費者金融からお金を貸すのは危険だと判断されるからです。

ですから、これから消費者金融の審査に通りたいと思っているならまずはどこの支払いも
全く滞納した事がないというのが絶対条件になってきます。

そして、その滞納というのはスマホ代の月額料金の支払いを少し滞納したくらいでもダメです。でも、初めて消費者金融からお金を借りようと思っている人からすればスマホの料金を滞納したくらいでは消費者金融の審査に通らない事はないと思っている人が多いです。

ですが、それは間違いです。その程度の事でもしっかり情報が届いてブラックリストに入ってしまうのでその場合は審査に通らない可能性が高くなるので注意が必要です。