借り換えタイミングの見極めは難しい

カードローンを利用していると、金利の高さにふと気づくことがあるでしょう。しかし、低金利なカードローンへすぐに乗り換えようと考えても、金利差だけで比較することは避けなければなりません。なぜなら、金利差が多少あったとしても2倍差があるといった極端な状態でなければ、毎月の返済額次第で総利息が逆転することがあるからです。金利差が数%以内であれば、借り換えタイミングでは無いと考えられます。本当に借り換えた方が良いケースでは、毎月の元金返済額が借り換え前と同じであって、金利が低いといった条件な揃わなければなりません。

また、借り換え先カードローンの利用規約をじっくり確認しておかなければ、突然カードローン利用停止となる可能性があります。なぜなら、カードローン商品の中には原則として資金使用用途自由としていても、借り換え目的のみ禁止している金融業者が多いからです。借入と返済については、日付と金額入りで個人信用情報機関へ信用情報として登録されるので、他社借入と自社返済日に相関関係が認められればカードローン利用停止措置を取られても文句を言えません。カードローン借り換えタイミングを見極める際には、借り換え先カードローンに借り換え目的で利用しても問題ないカードローンを選ぶことが重要です。

キャッシングのお金を返済できない時に取る方法

キャッシングをしていて、返済できなくなってしまった時は、どのようにしたらいいのでしょうか。
たとえば銀行からお金を借りていて、月々返済していたのに、転職して収入が少なくなったような場合は、返済する気はあっても、実際問題としてお金が足りず、できなくなってしまうことがあります。
このような時には、キャッシングをした銀行に行き、返済方法を見直してもらうようにしましょう。
無論、消費者金融でも同じです。とにかく何らかのアクションを取れば、先方も、この人は返済する意志はあるのだなとわかってくれます。

しかし返済方法見直しの相談もなく、しかも返済期日になっても入金がない、督促の電話や督促状が来るようになっても、何ら反応がない場合には、返済の遺志がないとみなされて、キャッシングをした先から裁判を起こされてしまいます。
この場合は、一括返済となってしまいますので、できれば督促が来る前に、返済方法を見直すのがいいでしょう。

それでも返済できない時には、債務整理を考えてください。ただ、返済できないからすぐに債務整理というのも感心しません。
まず、自分で努力して返済するようにして、それでもやはり難しいという時に限り、弁護士に債務整理を依頼するといいでしょう。

お金を借りる時に楽天銀行スーパーローンを利用する2つの理由

楽天銀行スーパーローンは審査が即日回答と宣伝されていますが、混雑の影響があったりすると数日かかってしまう事が多いです。それにより即日融資を受けるのは難しい部分があるので早くお金を借りたい人は問題が出てきてしまいます。しかしそれでも楽天銀行スーパーローンを利用してお金を借りる人が増えてきています。そこでなぜお金を借りる時に楽天銀行スーパーローンを利用するのか理由を挙げていく事にしましょう。

・借入希望額が200万円以下は収入証明書の提出が不要

消費者金融は借入希望額が50万円以上になると収入証明書の提出が必要になります。しかし楽天銀行スーパーローンは借入希望額が200万円以上になると収入証明書の提出が必要になります。借入希望額が200万円以下は収入証明書の提出が不要なので申し込みする前の準備に手間がかからないのが理由となっています。

・スマホですべての手続きをする事が出来る

楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので申し込みから借り入れまでの手続きをネット上で行う事になります。スマホを持っていればすべての手続きが出来てしまうのですごく便利です。また24時間いつでも手続きが出来るのも大きな魅力になっています。

即日のキャッシングサービスの基本

今時はキャッシングも即日でしてもらうことができる可能性が高い業者が多くなっています。それは一体どういうことか、といいますと申込みをしたその日のうちにお金を借りることができるのです。もちろん、これは確実なことではないですが審査スピードは非常に早くなっていますからその可能性が高いですし、期待してもよいことになります。しかし、業者側としては貸したいと思っていても色々と書類が揃っていないと、確認ができないことがありますと貸すことができない、となってしまうことがあるでしょう。そうならないようにこちら側がしっかりと書類を用意しておくとよいでしょう。

具体的にいいますと身分証、公共料金の領収書、在籍確認ができるものなどです。その上でしっかりと在籍確認がその日のうちにできる必要性があるときもあります。このあたりがまずはしっかりと用意されていますと上手く即日でお金を貸してくれるキャッシングサービスが多くなります。確実とはいえないことではあるのですがその日の内にお金を借りることができるようになるところは多くあるのです。上手く使えるように用意刷るべき書類はキチンと揃えておくことです。そうすれば上手く活用できるようになるでしょう。

キャッシングが利用できるまでの時間について

キャッシングを利用することはそれほど難しいものではありません。現在ではインターネット、スマートフォン、電話、無人契約機、店頭などで簡単に申し込むことができます。特にインターネットを利用する場合、24時間365日いつでも申し込みを行うことが可能です。またスマートフォンの場合、必要な書類を提出する事も非常にスムーズで、その場で写真を撮影して提出する事が可能になっているので、スピーディーに利用出来るでしょう。また最近では各企業の審査スピードが非常に速くなっており、申し込んだ日に融資を行うことが一般的になっています。

その日の内にキャッシングが利用出来ることを即日融資と言いますが、即日融資が出来るのかどうか、予め調べておくと良いでしょう。実際に申し込む場合は申し込みを行う時間帯を気をつける必要があります。申し込みは銀行の営業時間内に申請する必要がありますが、審査時間などを考慮すると、なるべく午前中に申請できるようにするとよいでしょう。キャッシングやカードローンは誰でも簡単に利用できるので、とても便利ですが慎重に計画を立てて利用しましょう。また信頼できる業者を選ぶことが非常に大切なポイントになっています。

ショッピングのリボ払いを銀行カードローンで借り換える前に!

最近では、インターネットの広告バーナーなどで銀行カードローンを用いたショッピングリボ払いの見直しに関するものを見掛けます。リボ払いは借金というイメージが低く、借り入れ額が高額になり、返済期間が長期化してしまい、返済に苦しむというケースがあります。

このような場合、リボ払いで掛かる手数料よりも低い銀行カードローンで借り換えるという方法が浸透しつつあります。しかし、実際のところ、複数枚所持してしまうクレジットカードの返済先を統一する効果はあるものの、総返済額の圧縮という点では注意が必要になります。確かに実質金利を引き下げることが可能なものの、銀行カードローンでは毎月の返済額が低く設定されているケースがあり、高額な借り換えほど、返済期間を長期化させてしまいます。

そのため、リボ払いの借り換えを検討する前に毎月の返済方法を見直すことが得策です。例えば、複数枚のクレジットカードでリボ払いを利用している場合、利用残高の少ないものから優先的に完済をしてしまうことです。また、リボ払いの任意返済の手間が面倒という方は、毎月の返済額の設定をインターネット上で変更すれば、手間も少なく、カードローンの審査落ちというリスクを回避することが出来ます。

先ずは、銀行カードローンで見直しをするよりも、返済額の増額を検討していくことが非常に重要であり、安易にインターネット広告の情報だけで契約をしないようにする必要があります。また、どうしても借り換えをするのであれば、カードローンよりもフリーローンで借り換える方が、金利も低く、返済に専念することも可能です。銀行カードローンの場合、一般的なショッピングリボ払いの実質金利15%に対し、金利差は1%にも満たないものが多くなっています。

ユーファイナンスのビッグローンで借り換えよう

消費者金融3~4社から借入し、いずれも年18%で借入していた場合、借り換え・おまとめローンを利用した方がお得になる場合が多いです。しかし審査が厳しい銀行カードローンで借り換えるのは至難の業だと言えます。また大手消費者金融でも貸金業法に基づく借り換えローンがありますが、こちらも審査に通るのがなかなか困難です。そこでなかなか借り換えられないという方の強い味方となるのが、東京都台東区にあるユーファイナンスという貸金業者です。そのユーファイナンスのビッグローンが、貸金業法に基づく借り換えローンとして多重債務者の窮地を救ってくれるのです。

ビッグローンの基本スペックは、融資額が100万円~700万円、金利が年7.3~15%となっています。ビッグローンの申込は、ネットまたは店舗窓口で行います。ネット申込は24時間いつでもOKですが、審査通過後必要書類(本人確認書類と所得証明書類)を持って店舗窓口まで出向く必要があります。店舗窓口で申込むには、まず電話をかけいつ来店するか日時を決めます。予約した日時に必要書類を持参し、対面審査に通過すると融資手続きに入ります。ですから来店契約が必須で、実質的に関東近郊にお住まいの方のみ利用できます。

なおビッグローンは借り換えローンですから、最長10年の返済専用ローンということが注意点です。それでも金利が3%以上下がるし、返済日も1日で済むので、メリットの大きな借り換えローンです。

銀行カードローンの過剰融資問題はどうなっていくのか

銀行カードローンが過剰融資を行っていることは二つの事実から実証されています。一つは長年に渡って減少していた自己破産件数がプラスに転じたこと、もう一つは銀行カードローンの融資残高がすでに消費者金融の倍以上となっていることです。大手のマスコミが銀行カードローンの過剰融資問題について言及したことで社会問題となり、金融庁が動いたことで全国銀行協会が各銀行の自主規制を求めるということとなって、銀行カードローンの過剰融資問題は収拾に向かっているように見えています。しかし、それほど自体は簡単ではないようで、自主規制の要請後の全国銀行協会の調査によれば、貸出基準を厳格化したのは全体の1割に満たず、検討中が6割以上と自主規制が進んでいるとは言い難い状態です。

銀行は政府の低金利政策が継続しているために収益が悪化しています。そこに大きく儲かる銀行カードローンに力を入れてきたのです。どのような会社でもそうですが、儲かるスペックをそう簡単に手放すわけもなく、自主規制では銀行のよってかなり大きな規制の温度差が出るのは間違いありません。過剰融資問題が悪化することは無いと思われますが、あっさりと解消するとは考えられません。

アルバイトの方がキャッシングする際の注意点

アルバイトや派遣社員の方はキャッシング審査が不利になると言われていたのは少し昔の話になります。現在ではその様な方でも審査に通過できる事は多く、基本的には一定の収入が見込める成人なら誰でもキャッシングは可能になります。

しかし、現在でもアルバイトなのでキャッシング審査に落ちたと言う方がいらっしゃいます。ただ、この場合はアルバイトだからという理由ではない事が多くなっています。

これはアルバイトの方がキャッシング審査の時にやってしまいがちな事なのですが、申込書に?の記載をしてしまう事が問題点になります。例えば審査に通過しやすくなると考え収入を多めに書いてしまうケースは多々見られますが、誤差の範囲を逸脱した金額の場合は落とされる可能性が高くなります。

さらに他社からの借入があるのに、それを隠すと言うケースも見られます。しかし基本的に消費者金融などは共通のデータベースを使っていますので、ほぼ100パーセントバレてしまいます。

そうなると一気に信用を失ってしまいますし、最悪の場合はその情報も共有されてしまう事があります。この様な情報が残ってしまうとキャッシングには不利になってしまいますので、申込書に?の記載をしない事がキャッシング審査に通過する為の注意点になります。