借金の返済が苦しく感じたときには借り換えを検討しよう

たとえ借り入れたお金があまり大きな額ではなくても借金の返済というものは決して楽なものではありません。毎月の収入の中から借金の返済分としていくばくかの金額が消えてしまうことになるからです。ましてや借金が複数あるような状況ではその返済は非常に大きな負担となってしまい、日常生活にもかなりの影響を与えてしまうことでしょう。

もしも、借金の数が複数となってしまい、その返済が苦しいと感じるような場合にはなるべく早い段階でより金利の低いローンへの借り換えを検討するようにしましょう。より金利の低いローンへと借り換えることができれば利息として支払う金額も減り、利息が減った分だけ月々の借金の返済が楽になるからです。

キャッシングを行う際の注意点について

キャッシングの申し込みを行いたいけど、何がNGなのか不安も多いかと思います。

ですので、ここではキャッシングを行う際の注意点について見ていきたいと思います。

まず、申し込みをするにあたって大量の借り入れはダメです。

なぜなら総量規制という法律があり年収の3分の1は借り入れできない仕組みになっているのです。

ですので、もし他社でも借り入れを行っていた場合はその事もしっかり記載しましょう。

もし虚偽の記載をしてしまうと、嘘がバレたら信用度が大きく落ちてしまいますよね。

こうなると審査に通りくくなるリスクが大きくなるのです。

お金の借り入れは信用度が大事ですので、当然ですよね。

なので、キャッシングを行う際は現在の年収に見合った正しい借り入れを行うようにしましょう。

学生に最適なキャッシングサービスとは

消費者金融会社では個人向けの融資サービスにキャッシングを用意しています。このキャッシングは学生でも利用する事ができ、学生が利用するのであれば、アルバイトなどで定期的に収入がある事が条件になります。つまり、アルバイトをしていれば、利用条件を満たす可能性が高いです。

学生に最適なキャッシングは、消費者金融会社から特に用意されているわけではありませんが、借入利率が低いサービスを活用する事で最適化させられます。借りたお金は期日までに返済しなければいけませんので、出来るだけ利息が低い方が返済がし易い環境作りが行えます。学生の利用用途としては、飲み台の立て替えやサークルの遠征費などが考えられ、キャッシングで借りたお金はこのような用途で使えます。

キャッシングは決して危険なものではありません

キャッシングに手を出すのは危険だと考えている方もいらっしゃるようです。多重債務問題などキャッシングに関する良くないニュースもありますので、キャッシングは危険なものだと考えてしまう方がいらっしゃるのも理解はできますが、キャッシングが危険だというのは誇張しすぎであると言えます。

キャッシングの利用者は増加しており、ほとんどのキャッシング利用者は安全に何の問題もなくキャッシングを使われているのです。また、現在では多重債務者が現われない措置もキャッシングにはなされています。利用者の多い消費者金融系のキャッシングでは総量規制という決まりが設けられており、年収の3分の1までしか借り入れができないようになっているのです。

総量規制は1社ごとではなく複数の消費者金融にまたがって適用されるため、複数の消費者金融から多額の融資が受けられない仕組みとなっています。キャッシングの申し込みをすると審査が行われ、申込者が他者からの借入額なども調査されます。

他社からの借入額が多い場合は審査に落ちることもあります。このように、多重債務にならないような仕組みが現在のキャッシングには備わっているのです。返済可能額の範囲内で借入をしていけば、キャッシングは安全に使える便利なサービスです。キャッシングは決して危険なものではないのです。

給与振込みをする口座やローンを利用していたりすると、いいこともある

地方の銀行で給与の振込に利用している口座や住宅ローン等を利用しているところがある場合には

銀行系カードローンを利用するのに、その銀行を利用しておいた方がいい場合もあります。

銀行によってはカードローンのサービスについて給与口座を持っていたりローン利用をしている方に対して

金利面などで優遇しているカードローンを提供していたりするからです。

通常よりも数パーセントは安く利用できるケースが多いですから、利用しない手というのはないように見えます。

その他にも借入金額も多めにやってくれたりと優遇されている面は強いです。

ですので、もしカードローンの利用を検討しているときには、一度自分が今使っている地方銀行を狙ってみるのも手であります。

多重債務者が増えているカラクリとは?

銀行カードローンの金利は低いと言われていますが、本当にそうでしょうか?メガバンクのカードローンの金利は年14%台が基本です。しかし我々がこれらの銀行に預金をしても年0.001%しか利息が付かず、さらに約20%の税金が引かれるのです。おまけにATMの手数料を1回でも支払ったら、完全に赤字でしょう。これでは銀行が儲かるはずです。

しかも銀行は金利が低い住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどよりも数倍儲かるカードローンに力を入れています。まるでバブル期のように「どうか使わなくていいから契約だけして下さい」と頭を下げます。ローンカードを作成したら、つい使いたくなるのが人間の心理です。一度カードでお金を引き出す味を占めたら、もう止められなくなる方が多いのです。最近銀行カードローンが多重債務者の温床になっていると言われる原因は、銀行の営業マンの悪魔の囁きから始まるのです。

ですからカードローンを必要なければ、きっぱりと断る勇気が必要です。

カードローンは貸付残高よりも契約上の限度枠に注意!

消費者金融の場合、総量規制が適用されるため、年収制限を超える借り入れはできません。しかし、借入額は年収制限を超えていないのにカードローンを契約出来ない時は、契約上の限度枠に注意が必要です。カードローンは、利用していなくとも、いつでも借り入れが出来るため、借り入れがあるとみなせます。そもそも、利用限度枠で規制しなければ、総量規制の制限を超えることにつながります。

そのため、カードローンの契約が出来ないという場合、クレジットカードにキャッシング枠があり、既に上限額を超えていることを疑うことがポイントになります。クレジットカードの場合、気付かないうちにキャッシング枠を契約していること、契約件数が多くなりがちであり、総量規制に引っ掛かる可能性が高くなります。

キャッシングがバレてしまうのは申し込みや契約時よりも利用中!

現金を借り入れする方法として、カードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシング枠などのキャッシングサービスが申し込みし易く、使い勝手もいいものです。最近では、契約者のプライバシーには最大限の配慮がされ、審査時の電話確認、契約後の郵送物などから契約の事実が分かり難いようになっています。また、インターネットからWeb完結で申し込みから契約もでき、人目に付かないというメリットもあります。

ですが、キャッシングが家族や友人、勤務先にバレてしまうのは利用中のリスクがあります。例えば、カードローンならローンカードであり、外観から大手消費者金融のカードだと分かってしまいます。ローンカードのデザイン自体も、インターネット上で画像が公開されているなど利用者しか見たことがないというものではなくなっています。

さらに、ローンカードに消費者金融の社名が無く、略称だから安心というものではなく、これもホームページを調べられると直ぐに分かってしまいます。

そのため、キャッシングを利用する際はローンカードが目に付かないように確実に隠したり、クレジットカードのキャッシング枠を利用するなどの対策が肝心です。クレジットカードのキャッシング枠なら、見た目はクレジットカードとなり、カモフラージュ効果は高いと言えます。

限度額ありますから考えて借りましょう!

よく、キャッシング会社のうたい文句で『貸し付け最高○○万円まで!』なんて書いてあるのを見ますよね?

最初、見た時『そんなに貸してくれるの?』と思ってしまいました(笑)その謎は自分がキャッシング会社を

利用する時に解けました(笑)

『生活費が足りない!』となった時に以前プロミスさんにお世話になった時の事です。無人契約機におもむき

契約するために個人情報をポチポチと打ち込んでいきます。すると自分の収入に見合った貸付の限度額が提示

されます。それで大丈夫ならば契約しますよ~という事なのです…まあ収入に見合っていなければ返済も滞り

ますからキャッシング会社としては当然ですよね(笑)

ちなみにパートだった私は限度額30万円まででした。でもこれだけ上限で借りれれば私としては生活費が足り

したから助かりました。審査も簡単で仕事場に『○○さんいますか~?』程度の所在確認なので自分が『お金

を借りている』というのは周りの人に知られる事はありません。別段悪い事をしている訳ではないのですが、

何となく『後ろめたい』気持ちがあるのは確かです(笑)でも無人契約機だと人にも会わないでコッソリ契約したり

返済もできますので安心です!

貸付金額は自分の収入と見合った金額になってますので、よく考えてから借りましょうね!