多重債務者が増えているカラクリとは?

銀行カードローンの金利は低いと言われていますが、本当にそうでしょうか?メガバンクのカードローンの金利は年14%台が基本です。しかし我々がこれらの銀行に預金をしても年0.001%しか利息が付かず、さらに約20%の税金が引かれるのです。おまけにATMの手数料を1回でも支払ったら、完全に赤字でしょう。これでは銀行が儲かるはずです。

しかも銀行は金利が低い住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどよりも数倍儲かるカードローンに力を入れています。まるでバブル期のように「どうか使わなくていいから契約だけして下さい」と頭を下げます。ローンカードを作成したら、つい使いたくなるのが人間の心理です。一度カードでお金を引き出す味を占めたら、もう止められなくなる方が多いのです。最近銀行カードローンが多重債務者の温床になっていると言われる原因は、銀行の営業マンの悪魔の囁きから始まるのです。

ですからカードローンを必要なければ、きっぱりと断る勇気が必要です。

カードローンは貸付残高よりも契約上の限度枠に注意!

消費者金融の場合、総量規制が適用されるため、年収制限を超える借り入れはできません。しかし、借入額は年収制限を超えていないのにカードローンを契約出来ない時は、契約上の限度枠に注意が必要です。カードローンは、利用していなくとも、いつでも借り入れが出来るため、借り入れがあるとみなせます。そもそも、利用限度枠で規制しなければ、総量規制の制限を超えることにつながります。

そのため、カードローンの契約が出来ないという場合、クレジットカードにキャッシング枠があり、既に上限額を超えていることを疑うことがポイントになります。クレジットカードの場合、気付かないうちにキャッシング枠を契約していること、契約件数が多くなりがちであり、総量規制に引っ掛かる可能性が高くなります。

キャッシングがバレてしまうのは申し込みや契約時よりも利用中!

現金を借り入れする方法として、カードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシング枠などのキャッシングサービスが申し込みし易く、使い勝手もいいものです。最近では、契約者のプライバシーには最大限の配慮がされ、審査時の電話確認、契約後の郵送物などから契約の事実が分かり難いようになっています。また、インターネットからWeb完結で申し込みから契約もでき、人目に付かないというメリットもあります。

ですが、キャッシングが家族や友人、勤務先にバレてしまうのは利用中のリスクがあります。例えば、カードローンならローンカードであり、外観から大手消費者金融のカードだと分かってしまいます。ローンカードのデザイン自体も、インターネット上で画像が公開されているなど利用者しか見たことがないというものではなくなっています。

さらに、ローンカードに消費者金融の社名が無く、略称だから安心というものではなく、これもホームページを調べられると直ぐに分かってしまいます。

そのため、キャッシングを利用する際はローンカードが目に付かないように確実に隠したり、クレジットカードのキャッシング枠を利用するなどの対策が肝心です。クレジットカードのキャッシング枠なら、見た目はクレジットカードとなり、カモフラージュ効果は高いと言えます。

限度額ありますから考えて借りましょう!

よく、キャッシング会社のうたい文句で『貸し付け最高○○万円まで!』なんて書いてあるのを見ますよね?

最初、見た時『そんなに貸してくれるの?』と思ってしまいました(笑)その謎は自分がキャッシング会社を

利用する時に解けました(笑)

『生活費が足りない!』となった時に以前プロミスさんにお世話になった時の事です。無人契約機におもむき

契約するために個人情報をポチポチと打ち込んでいきます。すると自分の収入に見合った貸付の限度額が提示

されます。それで大丈夫ならば契約しますよ~という事なのです…まあ収入に見合っていなければ返済も滞り

ますからキャッシング会社としては当然ですよね(笑)

ちなみにパートだった私は限度額30万円まででした。でもこれだけ上限で借りれれば私としては生活費が足り

したから助かりました。審査も簡単で仕事場に『○○さんいますか~?』程度の所在確認なので自分が『お金

を借りている』というのは周りの人に知られる事はありません。別段悪い事をしている訳ではないのですが、

何となく『後ろめたい』気持ちがあるのは確かです(笑)でも無人契約機だと人にも会わないでコッソリ契約したり

返済もできますので安心です!

貸付金額は自分の収入と見合った金額になってますので、よく考えてから借りましょうね!

アコムで借り入れをした場合、返済日は延長できるのか

アコムで借り入れをした際に、何らかの事情で期日に返済できないということはたまにあります。

そこで気になるのが、「返済日は延長できるのか」ということです。

結論からいうと、所定の方法であれば、延長は可能です。

その方法には、以下のような物があります。

一つ目は、「アコム総合カードローンデスクを利用する」。

これは、アコムのオペレーターに連絡をとるという方法です。

オペレーターが相手なので、「詳しい事情を説明しやすい」という利点がありますが、「営業時間内(9時~18時)でないと利用できない」というのが難点です。

二つ目は、「アコムプッシュホンサービスを利用する」。

これは、自動対応の音声サービスを利用するという方法です。

「24時間対応しているので、時間帯を問わず利用できる」という利点がありますが、「相手が自動音声なので、詳しい説明や相談はできない」というのが難点です。

三つ目は、「会員サービスを利用する」。

これは、アコムの会員サービスから手続きを行うという方法です。

PCやスマホから行え、アコムプッシュホンサービスと同じく、24時間対応しています。

ただし、アコムプッシュホンサービスと同じく詳しい説明などはできないので、緊急性が高い場合は、直接電話したほうがよいでしょう。

キャッシング業者選びは業者の比較から始めよう

キャッシングを申し込むにあたってはどこの業者を選ぶかがキャッシングを便利に使うためには欠かせないポイントになってきます。現在では多くの業者や金融機関がキャッシングのサービスを提供していますが、肝心のサービス内容については金利面や利用者向けの特典などに違いがあります。

そのため、キャッシングのサービスに申し込む前には必ず業者や金融機関がどのような内容でキャッシングのサービスを提供しているのかをあらかじめ確認しておくことが大事です。もしも、このことを怠ってしまうと金利や特典面で損をしてしまうこともあるからです。これからキャッシングに申し込もうと考えている方は、手続きをする前に必ず業者や金融機関がどのような内容でキャッシングのサービスを提供しているのかを比較するようにしましょう。

急な出費なら消費者金融のキャッシングが便利

「今日中にお金が必要になった」

「不幸ごとが起きてしまったけど週末で銀行が営業してない」

そんなとき、あなたならどうしますか。

身近な家族や友人からお金を借りることができればよいかもしれませんが、頼れる人がいないときもありますよね。

まさか香典を出さないというわけにもいかないことでしょう。

そんなときに便利なのが消費者金融です。

審査に通れば、キャッシングを利用することができるため、「いますぐお金が必要」という悩みに対応してもらうことができます。

即日融資を利用すれば、申し込んだ日にお金を受け取ることもできます。

急ぎでお金が必要となったときは、ぜひ、消費者金融でのキャッシングを検討してみてはいかがでしょうか。

キャッシングというのは返済の時の利息をしっかりと

できるだけキャッシング業者からお金を借りる時には返済のことを考えるべきでもあると言えます。金利の歴史だけみれば実は今現在最も低い金利で借りることができるような時代になっていると言えるのですがそれでも上限は18%です。いくらか例外的な状況というのも存在しているのですが基本的にはその数字で認識しておいて大丈夫です。

その時に返済をどうするのかということになるわけですが実際問題として100万円単位でお金を借りていたとしても上限18%の金利で一年お金を借りたとしても大した金額の利息にはならないことがほとんどです。そもそもキャッシングのような形というのは年間単位で借りることを想定していませんので実は使いやすくなっています。

キャッシングの審査基準について

お金が欲しい時にすぐに手に入るのがキャッシングの魅力ですが、審査基準がよく分からないという人も少なくないです。まず基本として、キャッシングを利用するためには審査に通る必要があります。キャッシングのを利用できる会社は色々ありますが大抵の場合は、審査を申し込んだ人間が20歳以上の社会人であるという点が重要なポイントとなります。

つまり安定した収入を得られ、長期的に働く事が見込める人間であるという事です。重要な点はもう一つあります。過去に何らかの借金を負ってた事があったり、キャッシング利用時に返済が遅れてしまった事がないかどうかという点です。それらの経験がある人は、審査の目が厳しくなってしまうでしょう。だからといって、キャッシングの利用で気負いすぎる必要はありません。普通に日常生活を送り、きちんとルールが守れている社会人であれば、審査に通るのはそれほど難しことではないです。