おまとめローンがダメだったらどうするか

複数の金融機関から複数の借入があるという人はおまとめローンの利用を検討すべきでしょう。おまとめローンの利用が出来れば、借入の管理が簡素化され、大抵の場合には金利が低くなることによる返済額の軽減が可能です。しかし、おまとめローンの利用ができなかったり、おまとめローンを利用しても返済が厳しい場合にはどうすればいいのでしょうか。

おまとめローンは借入を一本化するのですからサービスを提供する金融機関に取ってはリスクが大きくなります。つまり、おまとめローンの審査は厳しいことが考えられますので、おまとめローンを利用したくても利用できない人が少なくありません。

また、首尾よくおまとめローンを利用しても返済が厳しいこともあるでしょう。その場合には、債務整理を検討するときが来ていると判断すべきです。

アイフルのブライダルローンの特徴や注意点

アイフルでは結婚に関する費用を合理的に借りることができるブライダルローンの取り扱いがあります。ブライダルローンの特徴や注意点などを解説してきます。

まず貸付条件ですが、2019年1月11日時点で融資限度額は最高で100万円、実質年率は13.0%から17.0%となっています。カードローンよりも実質年率の上限値が低いので初めてローンを組む人でもカードローンよりお得に借入れがしやすくなっています。

借りたお金は結婚式や婚姻に関係する諸費用に充てることができ、契約時には確認書類として式場が発行する見積書などが必要となります。

なおアイフルのカードローンはWebや自動契約コーナーで申し込みができますが、ブライダルローンは店舗の窓口でしか申し込みができない点に要注意です。

キャッシングの審査って厳しいの?

最近ではコンビニや薬局でポイントカードを作るとクレジット機能やキャッシング機能が付いてくる時代になり、キャッシングが身近になりました。

しかし、誰でも簡単にキャッシングを利用できるかと言われるとそうではありません。必ず審査があります。審査は個人信用情報、支払可能見込額、個人情報を元に客観的に見て結果を出します。一番嫌われるのはどれほど年収があって勤続年数があっても、しっかり返済していない人です。

約束した期日までに指定の金額を返すという事はその人を審査する上で重要な情報になります。督促を受けてから返すのはきっちりとした返済ではありません。ですから、キャッシングを利用するための審査で重要なのは、現在自分が利用しているクレジット、キャッシングの返済が期日通りにしっかりと行えているかが、大切になります。

キャッシングは便利なものです。しかし利用するためには審査があり、信用してもらえなければ利用することができません。

銀行と消費者金融で大きく違う!キャッシングの審査はどのぐらいかかるの?

キャッシングをする時は銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用するでしょう。申し込みをすると審査が行われますが、どのぐらいで結果が出るのか気になりますよね。そこで審査にかかる時間について見ていく事にしましょう。

消費者金融の審査は機械で行われるので最短30分で終了します。問題なければ30分ぐらいで審査結果が出るので申し込みをしてから1時間ぐらいでお金を借りる事が出来るケースも多いです。銀行の場合はいろいろなデータを参考にして審査を行うので即日で終了する事はほとんどありません。

早い時は申し込みをしてから1日から2日、混雑していたりすると3日以上かかってしまう事もあります。銀行のカードローンのサービスを利用してキャッシングをする時はお金が必要な日に間に合うように申し込みをする事が大切になってきます。

年末年始に消費者金融のキャッシング契約!受付時間と休業日に注意!

年末年始において、急な出費により現金が必要になるケースがあります。12月31日や1月1日など帰省費用や年末年始の生活費、お年玉など範囲は広くなっています。しかし、大手消費者金融はいつでもインターネットから申し込みができ、無人契約機で即日契約とカード受取が出来ると考えてしまいがちです。

12月31日でも無人契約機を利用すれば、契約は可能なものの、通常の平日や土日と営業時間が異なっています。通常22時まで営業しており、20時ごろまでに申し込みを済ませれば即日で契約ができるケースがあるものの、12月31日は営業時間が18時までとなっている会社もあり、申し込みはより早い段階で行う必要があります。また、1月1日は休業日となっているため、契約は1月2日以降にもなってしまいます。

年末年始は申し込みが殺到するだけでなく、消費者金融側での対応オペレーターも通常時とは異なり少なくなっているため、インターネットから申し込みは翌営業日以降になる可能性もあります。そのため、年末年始はインターネットから申し込みを済ませ、直ぐに無人契約機に向かって審査を優先させるといったことが重要です。

キャッシングの審査が甘いという幻想

キャッシングの審査についてインターネットを検索すると「審査が甘い」「借りやすい」「審査に通りやすい」などのサイトがたくさんヒットします。しかし、それらのサイトに釣られてキャッシングの審査を甘く見るということは絶対に避けなければなりません。キャッシングの審査に落ちるとしばらくは申込みを控えなければ、通る審査にも通らなくなってしまうからです。いわゆる申し込みブラックになってしまいます。

キャッシングの審査はどの金融業者であっても、一定以上の条件をクリアしなければ審査に通らない厳しさがあり、一定上の条件をクリアした上での通りやすい審査の金融業者があるということを知っておきましょう。お金を借りるということはどの金融業者からも厳しいのです。

さまざまな特色がある地方銀行のカードローン

手軽にできるキャッシングのひとつとして銀行カードローンが挙げられますが、カードローンは消費者金融や大手の銀行だけでなく、地方の銀行でも扱われている場合があります。

地方銀行のカードローンはCMなどで大きく取り上げられることはありませんが、そのぶん堅実で銀行によってサービスや特徴が異なり、大手と遜色のない金利や融資限度額を誇るカードローンも多く存在しています。

ただし地方銀行を利用するためにはその地方に在住していたり、勤務先があることが条件なっている場合もあるため、利用の際には申し込み条件をよく確認することが重要です。

キャッシングの金融機関を検討する際には地方銀行だからとあなどらずに、現在自分が利用できる金融機関についての情報をしっかりと確認するようにしましょう。

キャッシングの検討は慎重に、返済は迅速に

キャッシングの利用者は急にお金が必要になるケースもあるため、性急な判断をしてしまいがちですが、キャッシングの検討はなるべく慎重に行なうようにしましょう。

キャッシングはどこも大差がないように思えますが、金融機関によって利息や限度額、サービスなどに違いがあり、利用者の状況によって最適なキャッシング方法は異なってきます。

あとで後悔しないためにも借り入れ先は慎重に検討することが重要です。

また返済に関しては慎重さよりも素早さが重要になります。

消費者金融や銀行カードローンなどの少額の無担保キャッシングは日割り計算によって利息が加算されていくため、返済額は日に日に増えていきます。

1日あたりで加算される金額は少額であっても確実に増えていくため、お金があるときに迅速に返済することが返済額を減らす方法といえます。

最近ではスマホアプリやネットバンキングと連動させることで返済ができるサービスなどを行なっている金融機関もあるので、返済しやすい金融機関で選ぶというのも大切です。

おまとめローンを使って返済を計画的に行い易い環境に整える

キャッシングやカードローンは審査を通過して契約が出来れば、複数併用していく事が出来ます。しかし、計画的に使っていかなければ、債務が増えていき、返済窓口も分散していく事になりますので、使い勝手が悪くなります。返済窓口の分散を改善し、使い勝手が良い環境を整えるにはおまとめローンを利用する事も検討すると良いでしょう。

おまとめローンは、ユーザーが現在借りている融資の全額を返済して、その時に借りたお金を新たなローンとして返済するという仕組みの融資サービスです。つまり、キャッシングやカードローンを一括返済する為のお金を借りるローンですので、ショッピングローンやカードローンやキャッシングなどの融資サービスとは違うコンセプトの融資サービスとなっており、計画的に返済が出来る環境を整えるのに有効な手段です。