レイクでキャッシング利用

キャッシングをしたことがないとお金を消費者金融から借りることに不安や抵抗を感じる方がいますが、誰でも簡単で手軽に利用できるようサービスが充実しています。特にレイクでのキャッシングはスマホやPCから場所や時間を気にせずいつでも申込みでき、本人確認書類もアプリやメールで送れてしまうので来店する必要が全くありません。

平日であれば14時までに必要な手続きが完了していれば指定口座に即日振込みしてくれますので、急にお金が必要になった方でも安心です。またご自宅にカードなどキャッシングを申込んだ証拠が送られてきてしまうことを避けたい場合には、カードレスを選択することも出来ますので個人の事情に合わせて融通が利きます。

返済方法も従来通りの口座引き落としや振込みはもちろん、インターネットバンキングを利用したWEB返済にも対応しています。

キャッシングを利用しても月々計画的にお金を返済しかなければなりませんが、レイクでは計画的に返済できるように30日間無利息だったり、5万円まで180日間無利息といった無利息ローンを展開しています。

すぐに返済する予定でしたら借りた分だけ返済すれば済んでしまいますし、月々の返済する場合でも無利息ローンを適用した場合だと返済総額に差が出ますので他社ではなくレイクを選ぶメリットとなっています。

多重債務者が増えているカラクリとは?

銀行カードローンの金利は低いと言われていますが、本当にそうでしょうか?メガバンクのカードローンの金利は年14%台が基本です。しかし我々がこれらの銀行に預金をしても年0.001%しか利息が付かず、さらに約20%の税金が引かれるのです。おまけにATMの手数料を1回でも支払ったら、完全に赤字でしょう。これでは銀行が儲かるはずです。

しかも銀行は金利が低い住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどよりも数倍儲かるカードローンに力を入れています。まるでバブル期のように「どうか使わなくていいから契約だけして下さい」と頭を下げます。ローンカードを作成したら、つい使いたくなるのが人間の心理です。一度カードでお金を引き出す味を占めたら、もう止められなくなる方が多いのです。最近銀行カードローンが多重債務者の温床になっていると言われる原因は、銀行の営業マンの悪魔の囁きから始まるのです。

ですからカードローンを必要なければ、きっぱりと断る勇気が必要です。

カードローンは貸付残高よりも契約上の限度枠に注意!

消費者金融の場合、総量規制が適用されるため、年収制限を超える借り入れはできません。しかし、借入額は年収制限を超えていないのにカードローンを契約出来ない時は、契約上の限度枠に注意が必要です。カードローンは、利用していなくとも、いつでも借り入れが出来るため、借り入れがあるとみなせます。そもそも、利用限度枠で規制しなければ、総量規制の制限を超えることにつながります。

そのため、カードローンの契約が出来ないという場合、クレジットカードにキャッシング枠があり、既に上限額を超えていることを疑うことがポイントになります。クレジットカードの場合、気付かないうちにキャッシング枠を契約していること、契約件数が多くなりがちであり、総量規制に引っ掛かる可能性が高くなります。

本人確認はどんな点を確認しているのか

キャッシングをする時に申込用紙に記入やネットのフォームに入力して審査をしてもらいます。審査の内容の重要な点は返済能力があるのか、それと同時に本人からの本人の意思による申込なのかです。

本人確認はどのようにして確認しているのかというと、まずは申込内容がキャッシング会社やその他の個人情報信用機関に登録されている内容と同じかも重要な確認項目になります。引越しなどで住所や電話番号が違っていても不自然さがなければ、またその証明書類があれば問題がありません。また、身分証のチェックは国の法律で決まっていることなので、この内容のチェックも本人であるかの大きな判断ポイントです。つまり申込内容と外部の情報、さらに自社で利用履歴があればその時の情報、身分証明とすべてがつじつまがあるかで総合的に判断しています。

さらに最終的に本人と連絡を取って確認をします。例えば電話をかけてきて個人情報にかかわる質問をしてスムーズに答えられるか、契約内容を口頭でも伝えるなどして本人であるのかを審査しています。また、勤務先への確認、在籍確認を行うことも多いです。面倒で嫌だと思ってしまいますが、他人が成りすまして申し込みができてしまうことを防止する意味があるので協力しましょう。何もなければ短時間で終わってしまうので構えることはありません。

キャッシングがバレてしまうのは申し込みや契約時よりも利用中!

現金を借り入れする方法として、カードローンやフリーローン、クレジットカードのキャッシング枠などのキャッシングサービスが申し込みし易く、使い勝手もいいものです。最近では、契約者のプライバシーには最大限の配慮がされ、審査時の電話確認、契約後の郵送物などから契約の事実が分かり難いようになっています。また、インターネットからWeb完結で申し込みから契約もでき、人目に付かないというメリットもあります。

ですが、キャッシングが家族や友人、勤務先にバレてしまうのは利用中のリスクがあります。例えば、カードローンならローンカードであり、外観から大手消費者金融のカードだと分かってしまいます。ローンカードのデザイン自体も、インターネット上で画像が公開されているなど利用者しか見たことがないというものではなくなっています。

さらに、ローンカードに消費者金融の社名が無く、略称だから安心というものではなく、これもホームページを調べられると直ぐに分かってしまいます。

そのため、キャッシングを利用する際はローンカードが目に付かないように確実に隠したり、クレジットカードのキャッシング枠を利用するなどの対策が肝心です。クレジットカードのキャッシング枠なら、見た目はクレジットカードとなり、カモフラージュ効果は高いと言えます。

限度額ありますから考えて借りましょう!

よく、キャッシング会社のうたい文句で『貸し付け最高○○万円まで!』なんて書いてあるのを見ますよね?

最初、見た時『そんなに貸してくれるの?』と思ってしまいました(笑)その謎は自分がキャッシング会社を

利用する時に解けました(笑)

『生活費が足りない!』となった時に以前プロミスさんにお世話になった時の事です。無人契約機におもむき

契約するために個人情報をポチポチと打ち込んでいきます。すると自分の収入に見合った貸付の限度額が提示

されます。それで大丈夫ならば契約しますよ~という事なのです…まあ収入に見合っていなければ返済も滞り

ますからキャッシング会社としては当然ですよね(笑)

ちなみにパートだった私は限度額30万円まででした。でもこれだけ上限で借りれれば私としては生活費が足り

したから助かりました。審査も簡単で仕事場に『○○さんいますか~?』程度の所在確認なので自分が『お金

を借りている』というのは周りの人に知られる事はありません。別段悪い事をしている訳ではないのですが、

何となく『後ろめたい』気持ちがあるのは確かです(笑)でも無人契約機だと人にも会わないでコッソリ契約したり

返済もできますので安心です!

貸付金額は自分の収入と見合った金額になってますので、よく考えてから借りましょうね!

りそなクイックカードローンを利用する時の2つの注意点

大阪に本店を構えるりそな銀行はカードローンのサービスを提供していてりそなクイックカードローンになります。りそなクイックカードローンは上限金利が12.475%に設定されているので大手銀行のカードローンよりも低金利です。しかしりそなクイックカードローンを利用する時は注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでりそなクイックカードローンを利用する時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・融資可能になるまで時間がかかる

りそなクイックカードローンは最短2時間で審査回答と宣伝されているので即日融資を受ける事が出来ると思ってしまう人もいます。しかし審査が即日回答されてもその後の手続きに数日かかってしまうので即日融資を受けるのは難しいです。りそなクイックカードローンを利用する時は融資可能になるまで数日かかる事をしっかり頭に入れておきましょう。

・限度額が低く設定されている

銀行カードローンの限度額は最大で500万円から1000万円で設定されている事が多いですが、りそなクイックカードローンの限度額は最大で200万円で設定されています。限度額の設定が低いのでまとまったお金を借りたいと考えている時は不都合になってしまうので注意が必要です。

キャッシングの利息が低くなった理由

消費者金融の中心的なサービスである個人向けキャッシングは、現在では銀行やクレジットカード会社等も行うようになっています。担保が不要で利用出来る上に、審査時間が短いという特徴を持っています。個人の消費を目的とした商品であり、特に短期的な利用に向いた内容となっています。

キャッシングが短期的な利用に向いているのは、金利が高く設定されているからです。信用情報機関への照会が審査の中心であり、申し込みを行ったの詳細な経済状況については調査されません。貸し倒れが生じるリスクを軽減させるために、元本の早期の回収が必要となるのが金利が高い理由です。

しかし、キャッシングの金利は以前と比較すると大幅に引き下げられています。2010年に改正貸金業法が施行された事により、利息制限法を超えた金利でのサービスの提供が認められなくなったからです。利息制限法は弱い立場の借り手を守るために施行された法律で、元本により上限が変化します。10万円に未満の場合は年20パーセント、10万円以上100万円未満の場合は18パーセント、100万円を超える場合は15パーセントが上限です。

これを超えた金利を設定すると刑事罰の対象となるので、現在のキャッシングの金利はどの商品であっても利息制限法の上限を超えない範囲の数字が設定されています。

初めてのキャッシングなら無利息キャッシングがお得です。

どうしてもお金を借りなくてはならない事が起こった時、家族や友人等にお金を借りられないという方が頼れる先は、やはり貸金業者のような即日融資をしている金融機関ではないでしょうか。即日でキャッシングが出来る消費者金融会社を利用する事で、申し込みから審査や融資までがとても迅速に進み、最短では2時間弱でお金を借りる事が出来るようです。

ところで、初めて消費者金融会社でキャッシングをする場合、どんな業者を利用するか悩むところかも知れません。消費者金融会社の中には初回利用に限り一定期間無利息でキャッシングが出来る会社がいくつかあります。例えば30万円を14%で30日間借りた場合には、3,452円も利息が掛かります。30日無利息で借りられる業者を利用した場合には、この利息の支払いが不要となります。但し、30日間を過ぎた場合には通常通り利息が掛かるので注意をする必要があります。

給料日や賞与までの期間限定で借りるならば、こういった業者は特にお得と言えます。確実に30日以内に返す事が可能であると分かっている場合は、是非とも利用したい金融業者と言えるでしょう。30日以内ならば少額で少しずつ借りても、借入限度額までは何度でも借りる事が出来ます。無利息キャッシングはお得なキャッシングと言えます。