キャッシング業者選びは業者の比較から始めよう

キャッシングを申し込むにあたってはどこの業者を選ぶかがキャッシングを便利に使うためには欠かせないポイントになってきます。現在では多くの業者や金融機関がキャッシングのサービスを提供していますが、肝心のサービス内容については金利面や利用者向けの特典などに違いがあります。

そのため、キャッシングのサービスに申し込む前には必ず業者や金融機関がどのような内容でキャッシングのサービスを提供しているのかをあらかじめ確認しておくことが大事です。もしも、このことを怠ってしまうと金利や特典面で損をしてしまうこともあるからです。これからキャッシングに申し込もうと考えている方は、手続きをする前に必ず業者や金融機関がどのような内容でキャッシングのサービスを提供しているのかを比較するようにしましょう。

急な出費なら消費者金融のキャッシングが便利

「今日中にお金が必要になった」

「不幸ごとが起きてしまったけど週末で銀行が営業してない」

そんなとき、あなたならどうしますか。

身近な家族や友人からお金を借りることができればよいかもしれませんが、頼れる人がいないときもありますよね。

まさか香典を出さないというわけにもいかないことでしょう。

そんなときに便利なのが消費者金融です。

審査に通れば、キャッシングを利用することができるため、「いますぐお金が必要」という悩みに対応してもらうことができます。

即日融資を利用すれば、申し込んだ日にお金を受け取ることもできます。

急ぎでお金が必要となったときは、ぜひ、消費者金融でのキャッシングを検討してみてはいかがでしょうか。

キャッシングというのは返済の時の利息をしっかりと

できるだけキャッシング業者からお金を借りる時には返済のことを考えるべきでもあると言えます。金利の歴史だけみれば実は今現在最も低い金利で借りることができるような時代になっていると言えるのですがそれでも上限は18%です。いくらか例外的な状況というのも存在しているのですが基本的にはその数字で認識しておいて大丈夫です。

その時に返済をどうするのかということになるわけですが実際問題として100万円単位でお金を借りていたとしても上限18%の金利で一年お金を借りたとしても大した金額の利息にはならないことがほとんどです。そもそもキャッシングのような形というのは年間単位で借りることを想定していませんので実は使いやすくなっています。

キャッシングの審査基準について

お金が欲しい時にすぐに手に入るのがキャッシングの魅力ですが、審査基準がよく分からないという人も少なくないです。まず基本として、キャッシングを利用するためには審査に通る必要があります。キャッシングのを利用できる会社は色々ありますが大抵の場合は、審査を申し込んだ人間が20歳以上の社会人であるという点が重要なポイントとなります。

つまり安定した収入を得られ、長期的に働く事が見込める人間であるという事です。重要な点はもう一つあります。過去に何らかの借金を負ってた事があったり、キャッシング利用時に返済が遅れてしまった事がないかどうかという点です。それらの経験がある人は、審査の目が厳しくなってしまうでしょう。だからといって、キャッシングの利用で気負いすぎる必要はありません。普通に日常生活を送り、きちんとルールが守れている社会人であれば、審査に通るのはそれほど難しことではないです。

歩合制の仕事をしている人はキャッシングの審査で不利になる?

一般的にキャッシングの審査では、歩合制が常識になっているような仕事をしている人は不利になる可能性があるとされています。

給料の全てが歩合制ではないとしても、歩合制の部分が少なからず含まれていると思われる職業がいくつかあって、例えばタクシードライバーなどが該当します。

歩合制によって給料が決まるということは、その時々で給料の変動が大きいと予想されることになり、収入が不安定だと判断される可能性もあるのです。

個人のスキルによって収入を安定させられる人もいますが、歩合制の部分が含まれる職業の人たちは、キャッシングの審査においては不利に可能性があることは知っておきましょう。

どうしてもサラリーマンと比べたら変動が大きくなってしまいますから、そこはキャッシングの審査では影響してしまうのです。

急にお金が必要な場合に即日キャッシングするときのポイントとは

お金が急に必要になると、どうしても考えないで行動してしまいます。事前に知識を持っていれば、いざというとき落ち着いてキャッシングできます。

お金を即日キャッシングするとき、大手や中堅の消費者金融を利用すれば安心です。しかし年率の違いや、無利息期間があるので事前に確認することが重要です。

そして即日お金を借りることができないケースもあります。例えば銀行カードローンはキャッシングの申込みをしても、即日お金を借りることができません。警察庁のデータベースに照会する手順が増えたので、短くても翌営業日になるためです。

また中堅消費者金融でも審査を通過したあと、契約書の確認後に入金されるので、当日にお金を借りることができない場合があります。

これからキャッシングを利用しようと思っている人も、これらのことを事前に調べておくことで、スムーズに即日キャッシングができるでしょう。

老後の蓄えはいくらあったら安心できるのでしょうか

私も現役のころから多少は蓄えをしていました。

しかし現役のころは住宅ローン、リフォームローン、車のローン等で結構大変でした。

そのためそれほどは十分の蓄えはできませんでしたね。

また日本は住宅にお金がかかりすぎると思います。

私の世代以降は、皆1戸建ての新築志向でしたね。

これで住宅にお金がかかる元凶だと思います。

私がまだ小さいころは市営や県営や住宅公社とか社宅が結構ありました。

その後に住宅感覚が変わったのでしょうかね。

行政も公共の賃貸住宅等にはあまり力を入れなくなった感じです。

私の世代は当時の国鉄や私鉄沿線に開発された住宅地を目指して郊外に郊外にといったのです。

市の中心から離れれば、その方が割安だったのです。

前は土地だけの売りでしたが、その後は建売が主力になりました。

その方が建築会社等も売りやすかったのかもしれません。

それが2倍4の家が多くなりましたね。

私の家は自分で建てた家です。

そのころの住宅基準には合致していたと思います。

その後建蔽率も容積率も緩和されました。

しかし今から40年以上の家ですので、今の地震に耐えられる基準に歯は満たしていないと思います。

このため強度を高める耐震工事には約1千万円はかかります。

私のところも今までにリフォームや外壁の塗り直しやその他家の修理に2千万円はかかりました。

これは予定外でした。

私は老後は医療費とお葬式代とお寺さんの永代供養くらいの蓄えで大丈夫だと思っていたのです。

しかしその後地震で家が全壊、半壊したらどうなるのだろうと思いました。

地震保険でも家1軒が建つほど保険での補てんはありません。

そうなると家を1軒くらい建てられるほどの蓄えが必要になるのです。

これほど残している世帯はそれほど多くはないと思います。

やはり住宅に関しては行政等で賃貸の公営住宅を考えるとか、安価な中古の住宅に力を入れる必要があるのではないでしょうかね。

日々の生活費はなんとか年金で何とかなるだろうと思います。

まあ私たちで何とかなるのは医療費とかお葬式代が精一杯だと思います。

まあ500万円くらいから1千万円だと思います。

もう家1軒を建てられるほどの余裕は無理です。

消費者金融の無人契約機はどこにあるの?

消費者金融は全国各地に無人契約機が設置されていますが、どこにあるのか分からない人も多いのではないでしょうか。看板を見かけて気付く事が多いので実際に利用したい時に探すとなかなか見つけられない事もあります。そこで消費者金融の無人契約機の探し方について見ていきましょう。

消費者金融の無人契約機は基本的に駅前に設置されている事が多いです。駅前には雑居ビルが立ち並んでいて中に入っている事が多いです。まず駅前の雑居ビルの看板を確認しながら見つけてみましょう。また車で出かける時は駅前に行く事はありませんよね。そのような時は国道沿いを探してみましょう。

国道沿いには複数の消費者金融の無人契約機が一つの場所に設置されている事が多いのですぐに見つけられますよ。

アプリを使うと割引対象になります

スマホを持っている場合、アプリを利用することによって買い物の際に割引を受けることができる場合があります。

もちろん、アプリでの割引を行っていないところもあるのでよくチェックをしなければいけませんが、対応をしている場合にはレジの横に告知がされていることがあります。

もしも対応をしているのであれば、アプリをダウンロードしておくとよいです。

一番利用をして便利だと思うのが、ドラッグストアのアプリです。

ダウンロードをしておくと定期的に10%オフ、20%オフのクーポン券が送られてきます。

買い物をする際に画面を見せると割引が適用されるので、とても便利ですし、お得だと思います。

中には商品1点に限り割引が適用されます、というものもあるので出来るだけ高額なものを割引対象にしています。

アプリのダウンロードは手間もかかりませんし、有料というわけではないので損をすることはありません。

アプリだけではなく、LINEでも同様のサービスを行っているので、お友達登録をすれば割引対象になることもあります。

そのまま購入をすると何となくもったいない、という感じになってしまうので、無料で利用をすることができるクーポンやサービスがあれば利用をしたほうがよいです。