主婦のキャッシングにおける注意点とは

ここ数年で主婦がキャッシングを考えるケースが急増しているとされています。これには不景気の影響やママ友同士の付き合いなど様々な理由があるのですが、一昔前と比べて一時しのぎとしてキャッシングを考える主婦が目立っています。

ただ主婦でもキャッシングは可能なのですが、一般的な消費者金融では難しいと言えます。と言うのも貸金業者には債務整理などを行う方が増えないように定められた法律が適用されていて、年収の三分の一を超える貸し付けは不可能になっています。

なので年収が100万円以下になっている事が多い一般的なパート主婦などはキャッシングの限度額が最大でも30万円程度になっていて、通常は多くても10万円から15万円程度が限度額になっています。

そして問題になってくるのがこの金額ではまかないきれないケースになっていて、例えば親族の急な不幸などの場合は諸々含めて数十万円単位のお金が必要になります。

したがって主婦がキャッシングを考えた場合には消費者金融ではなく銀行系カードローンを選ぶことが良いとされていて、銀行は金融機関になりますので上記の法律は適用されません。

なので主婦でも返済が可能であれば100万円借りる事もできますし、銀行系カードローンの場合は女性に有利な条件になっている事も多いので主婦の方にはお勧めされています。