アルバイトの方がキャッシングする際の注意点

アルバイトや派遣社員の方はキャッシング審査が不利になると言われていたのは少し昔の話になります。現在ではその様な方でも審査に通過できる事は多く、基本的には一定の収入が見込める成人なら誰でもキャッシングは可能になります。

しかし、現在でもアルバイトなのでキャッシング審査に落ちたと言う方がいらっしゃいます。ただ、この場合はアルバイトだからという理由ではない事が多くなっています。

これはアルバイトの方がキャッシング審査の時にやってしまいがちな事なのですが、申込書に?の記載をしてしまう事が問題点になります。例えば審査に通過しやすくなると考え収入を多めに書いてしまうケースは多々見られますが、誤差の範囲を逸脱した金額の場合は落とされる可能性が高くなります。

さらに他社からの借入があるのに、それを隠すと言うケースも見られます。しかし基本的に消費者金融などは共通のデータベースを使っていますので、ほぼ100パーセントバレてしまいます。

そうなると一気に信用を失ってしまいますし、最悪の場合はその情報も共有されてしまう事があります。この様な情報が残ってしまうとキャッシングには不利になってしまいますので、申込書に?の記載をしない事がキャッシング審査に通過する為の注意点になります。