カードローンは貸付残高よりも契約上の限度枠に注意!

消費者金融の場合、総量規制が適用されるため、年収制限を超える借り入れはできません。しかし、借入額は年収制限を超えていないのにカードローンを契約出来ない時は、契約上の限度枠に注意が必要です。カードローンは、利用していなくとも、いつでも借り入れが出来るため、借り入れがあるとみなせます。そもそも、利用限度枠で規制しなければ、総量規制の制限を超えることにつながります。

そのため、カードローンの契約が出来ないという場合、クレジットカードにキャッシング枠があり、既に上限額を超えていることを疑うことがポイントになります。クレジットカードの場合、気付かないうちにキャッシング枠を契約していること、契約件数が多くなりがちであり、総量規制に引っ掛かる可能性が高くなります。