キャッシングの利息が低くなった理由

消費者金融の中心的なサービスである個人向けキャッシングは、現在では銀行やクレジットカード会社等も行うようになっています。担保が不要で利用出来る上に、審査時間が短いという特徴を持っています。個人の消費を目的とした商品であり、特に短期的な利用に向いた内容となっています。

キャッシングが短期的な利用に向いているのは、金利が高く設定されているからです。信用情報機関への照会が審査の中心であり、申し込みを行ったの詳細な経済状況については調査されません。貸し倒れが生じるリスクを軽減させるために、元本の早期の回収が必要となるのが金利が高い理由です。

しかし、キャッシングの金利は以前と比較すると大幅に引き下げられています。2010年に改正貸金業法が施行された事により、利息制限法を超えた金利でのサービスの提供が認められなくなったからです。利息制限法は弱い立場の借り手を守るために施行された法律で、元本により上限が変化します。10万円に未満の場合は年20パーセント、10万円以上100万円未満の場合は18パーセント、100万円を超える場合は15パーセントが上限です。

これを超えた金利を設定すると刑事罰の対象となるので、現在のキャッシングの金利はどの商品であっても利息制限法の上限を超えない範囲の数字が設定されています。