アルバイトの方がキャッシングする際の注意点

アルバイトや派遣社員の方はキャッシング審査が不利になると言われていたのは少し昔の話になります。現在ではその様な方でも審査に通過できる事は多く、基本的には一定の収入が見込める成人なら誰でもキャッシングは可能になります。

しかし、現在でもアルバイトなのでキャッシング審査に落ちたと言う方がいらっしゃいます。ただ、この場合はアルバイトだからという理由ではない事が多くなっています。

これはアルバイトの方がキャッシング審査の時にやってしまいがちな事なのですが、申込書に?の記載をしてしまう事が問題点になります。例えば審査に通過しやすくなると考え収入を多めに書いてしまうケースは多々見られますが、誤差の範囲を逸脱した金額の場合は落とされる可能性が高くなります。

さらに他社からの借入があるのに、それを隠すと言うケースも見られます。しかし基本的に消費者金融などは共通のデータベースを使っていますので、ほぼ100パーセントバレてしまいます。

そうなると一気に信用を失ってしまいますし、最悪の場合はその情報も共有されてしまう事があります。この様な情報が残ってしまうとキャッシングには不利になってしまいますので、申込書に?の記載をしない事がキャッシング審査に通過する為の注意点になります。

キャッシングの返済をするときにはまずは

キャッシングサービスで借りたお金はすこしでも早く返済をするのが大事になります。そもそもどうしても金利がかなり高めになってしまうようになっていますから、こればっかりはかなり注意したほうがよいでしょう。しかし、だからといって、無闇にとにかくお金があれば返済にまわす、ということがよいのか、といえばそうではないのです。大事になってくることはなんといっても余裕があれば返済を繰り上げる、ということです。これを随時返済というのですが、基本的にはよいことではあります。しかし、また給料日前までにお金がなくなってしまっては意味がないのです。

大事になってくることは無理のない返済計画になります。これをよくよく認識しておくことによって、上手くキャッシングサービスを利用していくことができるようになります。あくまでキャッシングサービスを活用すること自体には悪いことは一切ないのです。サービスとして提供されているのですから、利用することには問題はないのですが、問題となるのは借りすぎることであり、また返済計画で無理をすることになります。この点をよく理解していますと失敗しないで活用することができるようになるでしょう。それがコツになります。

地域の幅広さという基準で比較をする

キャッシングという商品は、様々な基準で比較されています。もちろん手数料などは、大切な比較ポイントになるでしょう。

しかし意外と軽視できないのが、地域性なのです。やはり幅広い地域に対応した商品の方が、利用しやすいです。

金融に関する商品も実は多彩で、中にはかなり地域が限定される場合があります。特定県内でないと、利用できない商品も中にはあるのです。

ところで地域が著しく限定されると、使い勝手が悪くなってしまう場合があります。

ちょっと出張先で借りたい時などは、困ってしまうでしょう。また引っ越し先などで借りる事ができなければ、同じく困ります。

それで数あるキャッシングの中には、全国の幅広い箇所に対応した商品もあるのです。昨今ではウェブが有効活用された借りる商品も目立ちますが、それは余り場所を問いません。ほぼ日本全国で利用する事ができますから、大変便利です。

またATMなども、設置台数は多いに越した事は無いでしょう。特定の限られた地域だけにATMが設置されているより、日本全国の幅広いところに機械が設置されている方が、明らかに便利です。

すなわち地域の幅広さという要素は、この借りる商品を比べる上での明確な基準になる訳です。

主婦でもキャッシング可能。三菱UFJ銀行のマイカードプラス

収入のない専業主婦でもお金を借りることが出来る方法があります。主婦のキャッシングとして安心なのが銀行系のキャッシングです。総量規制の対象外ということで銀行系なら収入のない主婦でもキャッシングが可能になりました。三菱UFJ銀行のキャッシングには口座を持っていない人の「バンクイック」と口座を持っている人の「マイカードプラス」があります。

このマイカードプラスでのキャッシングが主婦にとっては安心に利用できるキャッシングだと思います。これは自分の銀行口座に安心を付ける感じのキャッシングです。自分の口座の残高がマイナスになった時に自動的にキャッシングによる借り入れに切り替えてくれるシステムです。自分の銀行口座のマイナスが多くなってしまうのでは?と心配になりますが大丈夫です。マイカードプラスによるキャッシングの上限金額は30万円となっているます。この上限金額は「バンクイックク」も同額です。

インターネットによる申し込みも可能です。その際ご自身の在籍確認として自宅などに電話があります。しかし基本的に自分の口座からのキャッシングなのでご主人にキャッシングの事実がばれることが無いので安心です。

いざと言う時の備えとして自分の銀行のキャッシュカードに「マイカードプラス」を追加しておくと安心です。

ネット銀行のカードローンの特徴はメリットが目立つが

銀行のカードローンは大手の銀行が主流でしたが、ここ数年でネット銀行が出てきていてカードローンもネット銀行を利用する人が増えてきています。ネット銀行は大手の銀行とは異なる点がいろいろあるので特徴を見ていく事にしましょう。

ネット銀行のカードローンの特徴としてまず挙げられるのが手続きがすべてインターネット上で出来てしまう点です。大手の銀行のカードローンは店頭窓口はATMなどにも行ったりしますが、ネット銀行のカードローンは店舗やATMが設置されていないので申し込みから借り入れまでの手続きはインターネットのみとなっています。インターネット上ですべての手続きが可能という事はスマートフォンがあれば出来てしまうという事なのですごく便利です。それに他の人に内緒でカードローンの手続きが出来るというのも利用者にとってはメリットになります。

ネット銀行のカードローンは低金利というのも特徴です。大手の銀行のカードローンも低金利ですが、ネット銀行のカードローンの方がさらに低金利になっています。低金利になっていると加算される利息も少なくなるので返済する時にすごく助かります。

ネット銀行の特徴を見てみるとメリットが目立ちますが、口座開設が利用条件となっている事が多いので利用する前に口座開設をしておくようにしましょう。

キャッシングの返済は随時に行うこと

キャッシングの返済には約定返済と随時返済があります。約定返済が基本ではあるのですが、それだけでは足りない、ということが多く、できればしっかりと随時返済をしていくようにするとよいでしょう。それが最も利息を減らす方法としてはお勧め出来ることになります。難しいことではありますが、とにかく返済を前倒しにすることが求められることは間違いないことであるといえるでしょう。

ちなみに最近ではATMなどから借り入れ、返済ができるようになっています。コンビニのATMからできるようになっているのです。これは実に有難いことであるといえますから、上手く活用しましょう。返済で無理をしない、というのも一つの考え方ではあります。もちろん、最終的にはどんどん返済していくことがベストではあるのですが今のところは無理をしないほうがよい状況も個人的には存在することでしょう。そうした時には約定返済だけにするのが基本的な方針とするとよいのです。

楽天銀行カードローンの詳細とメリット

業界でも屈指の金利が低いことやインターネットからいつでも申し込みができるなど、数多くの利点があるカードローンとして有名なのが楽天銀行のカードローンであり、初めてカードローンを契約しようと考えている人にもおすすめできる商品となっています。楽天銀行カードローンの商品概要やこの商品ならではの特徴としてはどのような点があるのでしょうか。

・金利

実質年率は1.9%?14.5%になっている。特に1.9%という数値は特筆すべきであり、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行のカードローンよりも低い数値となっています。

・融資限度額

最高で800万円となっています。都市銀行のカードローンの金利と比較しても引けを取りませんし、300万円までの融資限度額で申し込みをすれば所得証明書の提出は不要です。

・専業主婦でも申し込みができる

パート従業員やアルバイト従業員はもちろん、本人に安定した収入がない専業主婦でも申し込みができます。

キャッシングをしたい主婦

総量規制というのが出来て、主婦がキャッシングをすることがかなり難しくなっています。何故かといいますとこれは年収の三分の一以下までしか貸すことができない、という規制であり、専業主婦であればそもそも収入がないですから借りることができない、業者としても貸すことができない、となってしまうのです。

ですから、かなり大変な時期もあったのですが別に借りる方法がないわけでもないのです。その一つとしては、配偶者貸付があります。これは配偶者の収入もその人の総量規制に入れることができる、という制度です。ある意味で救済措置のような形になっているシステムです。これならば専業主婦でもキャッシングをすることができるようになります。もう一つは、そもそも総量規制が関係ない銀行系を狙う、ということもできます。銀行系カードローンであれば借りることができるようになります。但し、貸すことができるだけであり、絶対に借りられるわけではないです。

主婦でもキャッシングが出来るのかどうかを検証する

主婦であろうとキャッシングはできる可能性があります。あくまで借りる、と言う事に関しては不可能ではないのです。それは総量規制があるからどうしても主婦には貸せない、ということが貸金業者にはあるのです。それ自体が基本的には難しいことになりますから、それは仕方ないことでもあります。

しかし、カードローン業者というのは銀行系もあります。この銀行系というのがかなりお勧め出来るのです。何故かといえばこれは総量規制外であるからです。総量規制から外れていますから、主婦でも借りることができるようになります。これが途轍もなくお勧め出来る理由になります。どうしても主婦は単独で借りることができないことが多いです。個人としてはとても金融信用情報の価値が下がることになります。大して高くないことになりますから、これはかなり借りるのが大変ではあるからです。しかし、一応は配偶者貸付というのがありますから、一応は問題はないのですが、それでも主婦はなかなか借りるのは大変ですが不可能ではないのです。